話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

あんまりすてきだったから

あんまりすてきだったから

  • 絵本
作: くどうれいん
絵: みやざき ひろかず
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年06月23日
ISBN: 9784593103294

3〜5歳

この作品が含まれるテーマ

みどころ

こんちゃんは、歌手のうたごえがあんまりすてきだったから、お手紙をかきます。とっておきの万年筆で、心をこめて。その気持ち、届くかな。すると……

その封筒を手にした郵便屋さんが「ぴーとぅっとぅ ひゅるるん」っと口笛を吹き、その音色をきいた川の中のやまめが、「たぴちゅん ぴてとん」とはね、そのきらめきを見た昼間の月はにっこりほほえんで、そのほほえみは夜の時間を過ごすみんなの心をそわそわさせて。

こんちゃんが心をこめて発信した気持ちが、少しずつみんなの心に伝わっていきます。その形は色々だけれど、理由は同じ。

「あんまり すてきだったから」

読者の心の中にも気持ちが届きはじめた頃、こんちゃんも知らない時間に小さな奇跡が起こります。……なんて素敵な夜なのでしょう!

注目の作家くどうれいんさんが出がける初めての絵本。くどうさんは最後に子どもたちに伝えます。「すきだと思ったら、すきだと言ってね」。なぜなら、ご自身が幼い頃に出した手紙の相手が、この作品の絵を描かれているみやざきひろかずさんだったのですから。一通の手紙から広がる「すてきな波紋」。みやざきさんの描く絵を通して、私たちにもしっかりと伝わってきます。

この気持ち、たくさんの人の心にも届きますように。なぜならもちろん、この絵本が「あんまりすてきだったから」。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

歌手のうたごえがあんまりすてきだったから、こんちゃんはお手紙をかきました。こんちゃんの心のこもったお手紙をはこぶゆうびんやさんは、なんだかうれしくなって、くちぶえをふきました。くちぶえをきいたやまめは、なんだかうれしくなって、しぶきをあげてはねました。こんちゃんのうれしい気持ちが、ふしぎとみんなに伝わって…。

すてき! と思った人にはお手紙を出しましょう。 
うれしい気持ちがどんどん広がる、くどうれいん初めての絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

くどうれいんさんのその他の作品

プンスカジャム / 氷柱の声

みやざき ひろかずさんのその他の作品

パウルのスケッチブック / ほんのにわ / ドレミファどうぶつコンサート / 紙芝居 せつぶんとおに / 紙芝居 おぼうさんとろくろくび / ゆびさしで こたえを おしえてね ど〜れだ? 英語つき


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > あんまりすてきだったから

Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

あんまりすてきだったから

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット