新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
スカンダーと奪われたユニコーン

スカンダーと奪われたユニコーン

  • 児童書
著: A・F・ステッドマン
訳: 金原 瑞人 吉原 菜穂
出版社: 潮出版社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,200

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年04月28日
ISBN: 9784267023217

A5判 528ページ

出版社からの紹介

暗い嵐の目のように、恐ろしいユニコーンの周りには黒い煙が渦巻き、彼らの後ろには雷が鳴り響き、稲妻がはるか下の大地に堕ちていく。この小説の世界では、今までの「キラキラ」「カワイイ」イメージのユニコーンとは正反対。「獰猛」「危険」「血みどろ」ダークな存在として描かれます。

≪あらすじ≫
子供も大人も憧れるユニコーンライダーという職業が存在します。しかし、ある日のユニコーンレースで国民がテレビの前で見守る中、魔法の力で死闘を繰り広げ、優勝したユニコーンが何者かにさらわれ、レース会場は阿鼻叫喚の地獄と化してしまいました。
父と姉の3人暮らし、学校ではいじめられているが心優しい主人公のスカンダーも、ユニコーンライダーに憧れる13歳の男の子。
すべての子供たちは13歳でライダーの適正試験を受ける権利が与えられています。しかし、スカンダーは受けられるはずの試験会場に入ることすらできず、理由もわからず追い返されてしまいます。

落ち込んでいたその夜、一人の女性ライダーがユニコーンに乗ってスカンダーを迎えに来ます。
「おまえは特別なんだ」「母親からおまえのことを頼まれている」
と彼女は言います。何が起こっているかわからない不安と、ユニコーンライダーになれる可能性があると知ったスカンダーが連れてこられたのは、自身のユニコーンと出会うために、絆を確かめる最終試験会場でした。
ユニコーンをさらった者の正体をめぐるミステリー。出会った仲間たちとの成長物語、母親の謎と自身のルーツをさがす冒険物語など、いくつもの要素で楽しめる小説となっております。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる映画制作も決定。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金原 瑞人さんのその他の作品

戦争が町にやってくる / マインクラフト 難破船と人魚の秘密 下 / ポプラキミノベル いまを生きる / ドリトル先生航海記 / オスカー・ワイルド ショートセレクション 幸せな王子 / 岩波少年文庫 小さな手 ホラー短編集(4)

吉原 菜穂さんのその他の作品

おやすみなさい どうぶつたち / 大きく広がるポップ・アップ・ガイド ダイアゴン横丁 映画ハリー・ポッター / ロイヤルシアターの幽霊たち


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学小説 > スカンダーと奪われたユニコーン

みんなで参加しよう!えほん祭

スカンダーと奪われたユニコーン

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット