話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

戦争が町にやってくる

戦争が町にやってくる

  • 絵本
作: ロマナ・ロマニーシン アンドリー・レシヴ
訳: 金原 瑞人
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年06月03日
ISBN: 9784893097095

290mm×214mm 36ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

色とりどりの花が歌う、ふしぎな町ロンド。
この町には、だれもが知ってる仲良し三人組がいました。

ぴかぴか光るガラスの体、電球の妖精みたいなダーンカ。
ピンクの風船犬、ふわふわ軽い、宝探しの名人ファビヤン。
折り紙の鳥みたいな見た目のジールカは、空を飛べて、旅が大好き。

三人をはじめとしたロンドの個性的な住人たちは、町での暮らしを心からたのしんでいました。

ところが、そんな平穏な日常を壊す、おそろしい影がロンドにやってきました。

戦争です。

ウクライナを拠点に活動するアートユニットが描く、平和な町と、壊された日常。その目も覚めるようなコントラストで、戦争の痛ましさを描き出した一冊です。

写真を組み合わせて作るコラージュと、ポップでかわいらしいグラフィックのキャラクター。
明るくやわらかな色で描かれる平和と、暗くおどろおどろしい色の戦争。
ファンタジックで詩的な世界観と、戦争というリアルなテーマ。
本作はそうしたいくつかの強いコントラストで構成されていて、それが両方の極の強烈な印象を、読者の胸に刻み込みます。

「ロンドの町の人たちは、戦争がどんなものか知りませんでした。
ところが、戦争は、どこからともなくやってきました。」

石で心臓を打たれて、ヒビの入ったダーンカ。ファビヤンはトゲで刺されて足がやぶけ、ジールカは火で焼かれて翼に穴があきました。そして、彼らの傷は物語の最後まで癒えることはありません。

戦争を止めるために、三人は相手のやり方をならいました。戦争の心臓を狙って、攻撃を返したのです。しかし、すべてむだに終わりました。

「なぜなら、戦争には心を心臓もないからです」

どうやっても戦争の歩みを止めることはできないとあきらめかけたそのとき、ロンドの町にある意外なものが、みんなの希望になって──?

作中で象徴的に描かれる、赤いヒナゲシ。これは、第一次世界大戦の戦死者を追悼するためのシンボルとして知られる花です。現実におおきな戦争が起きてしまった現在、その当事者たる著者らが戦争の悲惨と平和の愛おしさを子どもたちに向けて発信した、心ゆさぶられる作品です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

2015年ボローニャ・ラガッツィ賞受賞、ウクライナの作家が子どもたちに向けて描いた平和と戦争の絵本。世界15言語に翻訳出版。美しい町・ロンドで、人びとは花を育て、変わった家を建て、鳥や草木に話しかけながら楽しく暮らしていました。ところがある日とつぜん「戦争」がやってきたのです。「戦争」を知らない町の人びとはおろおろするばかり。町を愛するダーンカ、ジールカ、ファビヤンの3人は、知恵と能力のすべてを使い、ロンドを暗闇から救い出そうとします。

ベストレビュー

これはあらためて、戦争についてしっかり教えさせてくれます

この本を読ませて頂いて、とても感動しました。これはあらためて、戦争についてしっかり教えさせてくれます。今、ロシアとウクライナの紛争が長期化しています。私はウクライナのある若い女性とSNSを通して、親しくさせて頂いています。それだけにこの本はひじょうに関心がありました。私はこのお話はあまりにもインパクトがあると思いました。様々な問題が散りばめられていると思います。素晴らしい本です。ありがとうございました!
(水口栄一さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

ロマナ・ロマニーシンさんのその他の作品

目で見て かんじて 世界がみえてくる絵本 / うるさく、しずかに、ひそひそと 音がきこえてくる絵本

金原 瑞人さんのその他の作品

小学館世界J文学館 / スカンダーと奪われたユニコーン / マインクラフト 難破船と人魚の秘密 下 / ポプラキミノベル いまを生きる / ドリトル先生航海記 / オスカー・ワイルド ショートセレクション 幸せな王子


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 戦争が町にやってくる

2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

戦争が町にやってくる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット