新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
うみべの おはなし3にんぐみ

うみべの おはなし3にんぐみ

  • 児童書
文・絵: ジェイムズ・マーシャル
訳: 小宮 由
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2022年07月22日
ISBN: 9784477033969

小学低学年
216mm×155mm 48ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


『うみべのおはなし3にんぐみ』発売記念 小宮由さんインタビュー

みどころ

ある日、砂浜でピクニックをしていたローリー、スパイダー、サムの3人。おなかいっぱい食べたひと休みの時間、食べてすぐ泳ぐのは良くないし、かといって昼寝もつまらない。

「じゃあ、おはなし、きかない?」
提案したのは、つばの広い麦わら帽子に緑色のサングラスをかけたおしゃまな雰囲気の女の子、ローリー。
「あたし、じぶんで おはなし かいてるの。」

ローリーが話したのは、ねずみとねこと犬が登場するおはなし。
あれ、もう終わっちゃうの? サムとスパイダーは物足りない様子。

それならば、と、個性的な帽子にカラフルな服装の男の子、サムがおはなしを始めます。
ローリーから「ねずみとねこのおはなし」というお題を与えられて作ったのは、ねずみがペットショップでねこを買うおはなし。サムは即興で作ったと思えないような、なかなかのストーリーテラーぶりを発揮します。

最後は、3人の中で一番活動的な雰囲気の男の子、スパイダーの番。スパイダーが作って話すのはこわいおはなし! おなかをすかせたかいじゅうが海から現れ、なにか食べるものはないかと砂浜を歩きまわっています。ローリーとサムのおはなしに出てきたねずみやねこもちゃんと登場しますが、かいじゅうの好物はなんといっても、にんげんの子!
「うほっ! いたいた!」
男の子がふたりに、女の子がひとり。
砂浜にいたにんげんの子!? それってもしかして‥‥‥。

仲良しのともだちとうみべで過ごすのんびりとした時間。リラックスした雰囲気の中、語られていく3人の自由な想像で生まれるおはなしには、さりげなくそれぞれの個性も反映されているようで、なんて面白いのでしょう。

ユーモア溢れる楽しいおはなしを書かれたのはアメリカの絵本・児童文学作家のジェイムズ・マーシャルさん。絵にもまたユーモアがたっぷり感じられて、見れば見るほど味わい深くなってきます。個人的なお気に入りは、表紙を開いたところにある3人の後ろ姿。読み終えた後にこの絵を見ると、3人の仲良しな姿がとっても幸せな気持ちにさせてくれるのです。
そのジェイムズ・マーシャルさんのユーモアをしっかりと心地良い日本語で伝えてくれるのは、小宮由さん。自らを「1930年から70年の、アメリカの絵本黄金期の作品を掘り起こす考古学者」と語られる小宮由さんが、ジェイムズ・マーシャルさんのこちらの作品を発掘し、日本の子どもたちが読めるような形で届けてくださいました。訳の中でとくに注目したいのは、サム、スパイダー、ローリーのセリフの部分。それぞれの個性が伝わってきて、3人それぞれに親近感が湧くところもこの本を好きになるきっかけとなりそうです。

おはなしを聞く楽しさ、作る楽しさ、想像する楽しさ……と、おはなしの魅力がたっぷり詰まった一冊。読んだ後は、自分でもおはなしを作って人に話してみたくなってしまうかもしれません! 挿絵がたっぷりで文章も易しいので、はじめてのひとり読みに挑戦する作品としてもおすすめです。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

仲良し3人組のローリー、スパイダー、サム。ひょんなことから、3人はそれぞれ自分の考えたお話を順番に話してゆくことになりました。ねずみ、ねこ、かいじゅうまで登場して、話は思いもしなかった方向に…。子どもたちの想像力がとっても楽しい児童文学。ひとり読みにもぴったりです。

うみべの おはなし3にんぐみ

うみべの おはなし3にんぐみ

うみべの おはなし3にんぐみ

ベストレビュー

お話を創る楽しさ

すなはまでピクニックをしていた三人組。ローリーがじぶんでつくったお話をすることになりました。それを聞いたサムとスパイダーが、「ぼくならもっとおもしろいおはなしができるよ!」と話はじめると、ねずみ、ねこ、かいじゅうまで登場して、話はどんどん広がっていきます。お話を創るって楽しいな〜。想像の世界に広がる新しい世界、子どもの想像力って無限大ですね!
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子6歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
    出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。

ジェイムズ・マーシャルさんのその他の作品

みずうみのおはなし3にんぐみ / 木のうえの おはなし3にんぐみ / ネルソンせんせいがきえちゃった! / おいしそうなバレエ / ちょっとのけんかもときにはゆかい / 親友だってひみつはひみつ

小宮 由さんのその他の作品

だれもしらない小さな家 / いもうとなんかいらない / マシュマロおばけ / けんかのたね / あくたれラルフ おなかをこわす / あくたれラルフ コンテストにでる


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > うみべの おはなし3にんぐみ

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

うみべの おはなし3にんぐみ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット