ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おむすびころりん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おむすびころりん

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784323037110

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いもとようこの新シリーズスタート!
いもとようこのにっぽんむかしばなし第1弾!

おじいさんの落としたおむすびは、ねずみの穴の中へ。ねずみたちに歓待され、宝物のお土産ももらって帰ります。それを聞いたとなりの欲張りじいさんは!?

おむすびころりん

ベストレビュー

小学校で読みました

小学校で読んできました。対象は二年生です。
先生からリクエストされた昔話でした。
というのも、息子の小学校で使う一年生の国語の教科書に
おむすびころりん があるのですが、省略されている描写があったり
なにより意地悪じいさんが出てくる前にお話が終わっているのです。

二年生でも結末を知らない子が多いかも ということで
担任の先生からリクエストされたのでした。


・お話のテンポ、よみやすさ  ・優しいおじいさんのほのぼの感  ・ねずみたちの可愛らしさ
このあたりが気にいって、今回はいもと先生の作品をセレクトしました。


おむすびころりんすっとんとん もひとつたべたいすっとんとん


この作品では、ねずみの歌の部分だけフォントが丸文字?みたいな
可愛い書体に変更されています。
この書体の違い、私はとても好印象です。
確かに丸文字みたいな書体だと、ねずみの歌声、凄く可愛いんだろうなあ、とか
印象がまた違ってきますよね。細かな部分まで、ちゃんと練られて演出されてるなあと思いました。


意地悪じいさんは出てきますが、全体的にほのぼの可愛いお話です。
けれどラスト、ねずみが逃げ出して急に真っ暗になる場面は大人の私でもドッキリ!
途端に雰囲気が一変するんですもの。
そこはさすが、いもと先生。上手に描かれているなあって思いました。

はじめてふれる おむすびころりん にもピッタリだと思います。
ぜひどうぞ。
(チチンプイのプイ♪さん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

ねことねずみ / 心ってどこにあるのでしょう? / 注文の多い料理店 / あかい ろうそく / いもとようこあいうえおかるた / がちょうのたんじょうび



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

おむすびころりん

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット