話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
宮沢賢治の絵本 なめとこ山の熊

宮沢賢治の絵本 なめとこ山の熊

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: あべ 弘士
出版社: 三起商行(ミキハウス)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784895881159

6歳から
カバー付き/26×25cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


宮沢賢治の絵本アワード2015


【結果発表】宮沢賢治絵本シリーズ レビュー大募集!


編集者松田素子さんインタビュー

出版社からの紹介

「熊、おれはてめえを憎くて殺したのではねえんだぞ。てめえも熊に生まれたが因果ならおれもこんな商売が因果だ。やい。この次には熊なんぞに生まれんなよ。」自然と人とがむきだしに生命をやりとりする場所で、やるせない淋しさのなか、神聖なるものが、静かによりそい、結びあう・・・・・・。「あらしのよるに」のあべ弘士が賢治と真剣対峙して描いた渾身の絵本。

「宮沢賢治の絵本」シリーズ

【著者プロフィール】 あべ弘士 1948年北海道旭川市生まれ。1972年から25年間、旭川市旭山動物園飼育係として勤務後、現在は絵本を中心とした創作活動をしている。1981年に最初の絵本「旭山動物園日誌」(出版工房ミル)を出版。1995年「あらしのよるに」(木村裕一/作 講談社)で、講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞受賞。1999年「ゴリラにっき」(小学館)で小学館児童出版文化賞受賞。2000年に「ハリネズミのプルプルシリーズ」(文渓堂)で赤い鳥さし絵賞受賞。絵本に「どうぶつえんガイド」(福音館書店)「わにのスワニー」(講談社)など多数。

宮沢賢治の絵本 なめとこ山の熊

ベストレビュー

大きくなってまた読み聞かせたい

絵を見てなのか?4歳の子供がこれを読んでほしいと持ってきました。難しいし、悲しい本だけど大丈夫かな?と思いながら読むことに。少し長い本でしたが真剣に聞いていました。
最後の猟師をクマが囲んでるシーンが悲しかったと。難しい内容はわからないにしても、とても純粋な感想だと思いました。もう少し大きくなってから読んだらどう思うのかな?と、心の成長が楽しみです。
(ちえこちゃんさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

ポラーノの広場 / 鳥箱先生とフゥねずみ / 春と修羅 / 雨ニモマケズ / 十力の金剛石 / 注文の多い料理店

あべ 弘士さんのその他の作品

ゾウと ともだちになった きっちゃん / オオカミ王ロボ / えほん なぞなぞうた / 短編集 あらしのよるに / ちび竜 / しもやけぐま


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 宮沢賢治の絵本 なめとこ山の熊

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

宮沢賢治の絵本 なめとこ山の熊

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット