でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねこのおんがえし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこのおんがえし

  • 児童書
作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子
出版社: のら書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784931129344

5歳から

みどころ

「ねえ、お話して!」と子どもにせがまれても、すらすらとお話が口から出てくる…何て事はなかなかできない。
でも昔話や民話などの多くが、「語り」伝えられてきたというその事実。これって凄い事だよなぁ、と思っていたら。
こんな興味深い本が出版されました。「読みたい 聞きたい」昔話を中川李枝子さんの文で書かれた、というのです。
どのような思いがあったのでしょう。(この本の後書きにその魅力的な言葉がたっぷりと語られています。)
昔話を取り上げるのはむしろ苦手だったと言う中川さん。でも、保育士時代に沢山見られたお話を聞く子ども達のきらきらした目や、幼い頃、レパートリーは少ないながらも、お父様が上機嫌に面白おかしく昔話を聞かせてもらった記憶に後押しをされた様ですね。
口に出して読んでみると、これが実に楽しいのです。誰もが知っている「桃太郎」を語っても、やっぱり中川さんらしく優しく愉快なお話に。(こんなに変わるものなのですね。)そこに同じくお父様の語りを聞いて育った山脇百合子さんの期待通りの挿絵が入ります。「語る」素晴らしさを熟知なさっているのだと、読みながら感動してしまうのです。
自分でお話を作って聞かせる、なんて離れ技は出来なくても、こんな本があると繰り返し読んであげたくなります。
子ども達が、絵本とまた違った反応を見せてくれるのも面白いですよ。繰り返し聞く事によって驚く程言い回しを覚えていたり、内容を理解しています。そんな彼らの想像力にも関心させられてしまうのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

明るく、楽しく、ゆかいな昔話を選んで、お母さんや子どもたちにも親しみやすい語り口と、楽しさあふれる絵でおくります。読みきかせにも、子どもたちが自分で読むのにもぴったりです。
とらときつね/桃太郎/さるのきも/山伏とたぬき/犬とねことうろこ玉/ねこのおんがえし/こんび太郎/かみそりぎつねなど12編収録

ベストレビュー

12話ものお話が!

1冊に12話の昔話が書かれている、お得感ある本です。
なかがわりえこさん、やまわきゆりこさん姉妹コンビの本なので、安心感もありました。
幼児期のお子さんの読み聞かせにも小学校低学年のお子さんの一人読みにも、長く重宝する1冊ではないでしょうか。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 李枝子さんのその他の作品

文春文庫 本・子ども・絵本 / ママ、もっと自信をもって / みかん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 9> / いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1> / うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5> / 子どもはみんな問題児。

山脇 百合子さんのその他の作品

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / ねこどけい / 狐物語 / 角川つばさ文庫 25の小さなおはなし / 木いちごの王さま / 完 子どもへのまなざし



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

ねこのおんがえし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット