新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
秘密に満ちた魔石館(4)

秘密に満ちた魔石館(4)

  • 児童書
作: 廣嶋 玲子
絵: 佐竹 美保
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年12月09日
ISBN: 9784569880853

小学校中学年から中学生
四六判並製/160ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

幸福を運ぶもの。不幸を招くもの。古くから宝石には、逸話がつきもの。
そんな特別な宝石ばかりが集められたのが、魔石館。この場所には、温かな想いと共に、人の手をめぐって辿り着いた石もあれば、人間の手には負えないために持ち込まれた、邪悪な石もあります。
そして、宝石たちは今日も魔石館を訪れた人々に向け、秘密の物語を語って聞かせるのです。

貧しい家族を守るため、かつての友人から金を借りた、ロシアの青年イワン。しかし、その代わり貴族たちの集まるパーティーで道化に扮し、みなに笑われる役を演じるよう約束させられてしまう。
生き恥をさらすくらいならと命を断とうとしたイワンは、すんでのところで老婦人に救われる。
イワンは彼女に心のうちを明かしたが、イワンを見る老婦人のまなざしは、冷たく、厳しいものだった。
『アレキサンドライトー色変わりの道化師』

スペインの商人ペドロは、先住民インディオを軽蔑していた。あるとき立ち寄ったインディオの村で、村人にまつられている宝石の話を聞いたペドロは、なんの罪の意識もなくそれを盗んでしまう。
それからというもの、ペドロの身を小さな不幸が次々と襲う。ペドロはなんとか宝石を手放そうとするが、売ろうにも誰も買ってくれず、捨ててもなぜか手元にもどり、壊すことさえできなくて……。
『インカローズー盗まれたインディオの石』

ニューヨークから、イギリス、ロシアにペルーまで! 世界の様々な場所、時代でくり広げられる、ふしぎな魔力を持った宝石にまつわる物語を6編収録。著者は、大ヒットシリーズ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」で知られる廣嶋玲子さんです。

各話の最後には、その物語であつかわれた宝石について、性質、伝承、宝石言葉などが解説されています。
「高貴」の宝石言葉を持つアレキサンドライトを手に入れたのは、恥をかくことを約束させられたイワン。「バラ色の人生」を意味するインカローズを盗んだのは、インディオを差別するペドロ。
彼らははたして、その宝石言葉にふさわしい結末を迎えることができるのでしょうか?

人々を救い、ときに狂わせる、美しくも妖しい魔石たちの物語です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

学校でファンが急増中! 「銭天堂」の作者・廣嶋玲子が描く宝石好きに贈るシリーズ、第4弾!
石とはふしぎなものでございますね。あるものはきらめき、あるものはしっとりと艶をおび、またあるものは秘密をいだいている……魔石館の石たちはそうしたものばかり。どうか、彼らの物語をお聞きください。
★ブラッドストーン――ドラゴンの卵
大好きなおじいちゃんから、ドラゴンの卵を託されたマックスは……
★ラリマー――カリブ海の宝石
仕事につかれきったマーサは、水色の石のネックレスにひきつけられ……
★ガーデンクオーツ――魂の宿り木
空想世界が好きなヨハンナは、叔父から水晶を贈られて……
★アレキサンドライト――色変わりの道化師
ロシアの青年・ビクトルは、大金持ちに借金のお願いをするのだが……
★インカローズ――盗まれたインディオの石
インディオに傲慢にふるまうスペイン人・ペドロは、村に宝石があると知り……
★サファイア――青の魔性
「呪われたサファイア」と呼ばれるようになったのは……
美しく、神秘的で、魅力と秘密にあふれた石たちの知られざる物語を6話収録。

秘密に満ちた魔石館(4)

秘密に満ちた魔石館(4)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ちいさいひなた
    ちいさいひなたの試し読みができます!
    ちいさいひなた
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ひなた、ひなた、どこいった? 隙間から差し込む光…小さい日向を描いた,ぬくもりある絵本です。
  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 秘密に満ちた魔石館(4)

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

秘密に満ちた魔石館(4)

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット