新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
小さなピスケのはじめてのともだち

小さなピスケのはじめてのともだち

  • 絵本
作・絵: 二木 真希子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784591055663

2歳〜5歳

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある夜、ピスケは巣から落ちたカラスの赤ちゃんをみつけました。「はじめてのたび」に続いて美しい自然の中で展開するピスケのお話。

ベストレビュー

出会いを大切に。

小さなピスケが助けたのは、カラスの子でした。

ピスケは、親元から離れてひとりで生活をしています。
そのピスケの生活を、繊細に丁寧に描かれていて、
読み進めていくうちに、いつの間にかピスケと同化していきます。

ピスケの頑張りや優しさが、時として裏切られることもある。
それでも、こだわりを捨てたとき、気分が楽になったし、
友達が側にいることで、心が穏やかになっていった。
ピスケとカラスは危険な関係だけど、このカラスの子とピスケにとっては関係ない。
二匹が寄り添って座っているシーンは、とても穏やかです。
こういう関係ってとてもいいなぁと思います。

美しい自然の中で繰り広げる小さな出来事。
そこには、確かに小さなピスケが生きていて、頑張って生活しています。
これからも、静かに見守っていきたくなるようなおはなしでした。
(多夢さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

二木 真希子さんのその他の作品

上橋菜穂子「守り人」完結セット+「短編集」(全13巻) / 上橋菜穂子「守り人」軽装版完結セット(全13巻セット) / 世界の真ん中の木 / 小さなピスケのはじめてのおてつだい / 小さなピスケのはじめての友だち / 小さなピスケのはじめての旅


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 小さなピスケのはじめてのともだち

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

小さなピスケのはじめてのともだち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット