話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ゆうびんやさんとドロップりゅう

ゆうびんやさんとドロップりゅう

  • 児童書
作: たかどの ほうこ
絵: 佐々木 マキ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784034602805

小学初級から
21cm×16cm 79ページ

出版社からの紹介

郵便やさんがつりの途中で流れついた島にはドロップりゅうという不思議な動物がいました。彼らが郵便やさんの思い出を呼び起こします。

ベストレビュー

たかどのほうこ

子どものお話には。教育的なもの、心が温かくなるものといろいろなお話があります。お話の中の醍醐味はここではないどこかの世界に誘ってくれることです。たかどのほうこのお話は、教育的という見地からすこと少し外れていますが、不思議な世界に連れて行ってくれるものが多く存在しています。

今回のこのお話も不思議な世界へと誘ってくれます。
だるまさんと呼ばれる郵便屋さんが、つりをしている時に迷い込んだのは、ドロップりゅうという動物がいる島でした。

ドロップりゅうとゆうびんやさんの不思議な交流が描かれています。

「こんど いったときには『だるまさんがころんだ』をしなけりゃな!」と小さな男の子のようにだるまさんがクスッと笑うという表現に、誰の心にもある童心を呼び起こされるような気がしました。

子どもの頃、好奇心に任せて、探険をしてみたくなったという気持ち。実際にやったかやらないかは別として、そういう冒険心は誰の心にも存在するのではないかと思います。子どもが読んでも楽しいし、かつて子どもだった大人が読んでも楽しいお話だと思います。絵は佐々木マキが担当しています。佐々木マキファンの息子は「おかしな話だから佐々木マキの絵が合ってるよね」と言っていました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > ゆうびんやさんとドロップりゅう

2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

ゆうびんやさんとドロップりゅう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット