話題
PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック

PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック(フレーベル館)

モルカーのポテトやなかまたちの紹介からアニメの名場面、制作の裏側まで!

  • かわいい
  • 盛り上がる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
あか あお ふたりで

あか あお ふたりで

  • 絵本
作・絵: U.G.サトー
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 2007年04月

出版社からの紹介

赤と青の色鉛筆が走り出すと、赤と青の2本の線が、くねりながら、はねまわりながら、一筆描きで様々な形を作っていきます。雲や波になったり、鳥、イルカ、ペンギンなどいろいろな動物になったり……。やがて森の木々になり、森がぐんぐん深くなると、まっ黒の闇を背景に、コウモリ、ミミズクの姿へと、赤と青、2本の線の旅は続きます。版画・ポスター・立体等で活躍するU.G.サトーの絵本。

ベストレビュー

一筆書きのなせる業、すごいです!

これほどのセンスの良い絵本をみたことがない!って
言うくらいの絵本でした。
グラフィックデザインの真髄を見せ付けられたっていう感じです。

“あか”色と“あお”色が散歩に行くのですが、時には
交差しながら、空へ海へ陸へ...と範囲を広げ、
雲→鳥→かもめ→いるか.....と形を変えて行くのです。

まるで2色によるマジックのようで、ページをめくる度に
魅せられます。
また、絵のはずなのに、空の広大さ躍動感すら感じさせられ、
ただただ、すご〜い!と感嘆するばかりでした。

この絵本は、未就園児の読み聞かせにもとても適していると
思います。というのも、必要最低限の文しかないんです。
却って、その多くを語らないところがこの絵本を最高にしている
と思います。

幼稚園児の息子も、次々と形を変えていく、2色の創造物に
目を見張ってました。一筆書きのなせる業です。

子供本人が好むかどうかは別として、こういう芸術やその遊び心に
身軽な絵本という手段を通して触れさせるのも、芸術を楽しむ目を
養う機会になり大切かなと思います。

とってもお薦めです。是非、読んでみてください。

U.G.サトー(佐藤雄治)さんの世界にはまりそうです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ


U.G.サトーさんのその他の作品

草と木で包む / 富士山うたごよみ / あめかな! / すすむ / しまうまのさんぽ / ぺたぺた


絵本ナビホーム > > あか あお ふたりで

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

あか あお ふたりで

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット