宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ツー・ステップス!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ツー・ステップス!

  • 児童書
作: 梨屋 アリエ
絵: 菅野 由貴子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ツー・ステップス!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784265060627

小学校高学年向き

9〜10歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

わたしは自分にうそをついてまでアイアイ達と仲よくしなくてはならないのだろうか─少女達を鮮やかに描く人気作家の最新作。

ベストレビュー

あるあるですね。

小学生も3〜4年生くらいになってくると、仲良しグループができてきたり、時に力関係ができてきたり。
そして色々な子がいることを親子で痛感しますよね。
我が家の娘も3年生、いるいるいろんな子(笑)。
親の私も、今子供時代を思い出すと、一番自分自身も面倒くさかったのが小学校3年生くらいだったように思いました(笑)。
自分の意思もあるし周りとの関係もあるし、低学年のような天真爛漫さやみんな仲良しなんて気持ちだけではいられない。。。みたいな。
スルー力、周りに振り回されない強く柔軟な心、そういうものが持つことが大切かもですね。我が子にはそういう力をつけてほしいな!
色々考えさせられる1冊に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

梨屋 アリエさんのその他の作品

キズナキス / 恋する熱気球 / きみのためにはだれも泣かない / 12月のおはなし クリスマスクッキング ふしぎなクッキーガール / わらうきいろオニ / スリースターズ

菅野 由貴子さんのその他の作品

しろくまくんの このあな なぁに? / ペコペコざかな / ココロ屋 / ゆかいな神さま 空とぶ太陽の神ヒルコ / 大スキ!大キライ!でも、やっぱり… / シャトルバスにのって



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

ツー・ステップス!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット