新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ

  • 児童書
作: 梨木 香歩
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,170 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※品切れ重版未定

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784092896109

12歳〜 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「西の魔女」とは、中学生の少女まいの祖母のこと。学校へ行けないまいは、祖母のもとで、何でも自分で決められるようになる「魔女修行」をすることに・・・。生きる力を与えてくれる、癒しの児童文学、誕生。

 「西の魔女」とは、中学生の少女・まいの祖母のこと。学校へ行けないまいは、田舎の祖母のところで生活することに。まいは、祖母の家系が魔女の血筋だと聞く。祖母のいう魔女とは、代々草木についての知識を受け継ぎ、物事の先を見通す不思議な能力を持つ人だと知る。まいは自分も魔女になりたいと願い、「魔女修行」を始める。この「魔女修行」とは、意志の力を強くし、何事も自分で決めること。そのための第一歩は規則正しい生活をするといった地味なものだった。野苺を摘んでジャムをつくったり、ハーブで草木の虫を除いたりと、身近な自然を感じながらの心地よい生活が始まる。次第にまいの心は癒されていく。魔女はいう。「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、だれがシロクマを責めますか」そしてまいは、この「西の魔女」から決定的なメッセージをうけとるのだった……。

ベストレビュー

多感な時期に

小学校高学年から中学生くらいの、多感な時期の子どもに(特に
女の子!)読んでほしいなあって思いました。
たとえ自分が魔女になれなかったとしても、「どんな風に立って
いればいいのか」「どんな風に暮らしていけばいいのか」
思いを馳せることができるのではないかと思ったのです。
そうして、私はすっかり大人ですけれど、魔女になるために
がんばっちゃおうかなあ・・などと思ってしまいました♪
オールドファッションだったとしても、ね。
眠れない夜、寝室にたまねぎ、は真似してみたいな。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


梨木 香歩さんのその他の作品

炉辺の風おと / ほんとうのリーダーのみつけかた / 風と双眼鏡、膝掛け毛布 / ヤービの深い秋 / 椿宿の辺りに / わたしたちのたねまき



『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

西の魔女が死んだ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 10
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット