なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かかし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かかし

  • 絵本
作: ロバート・ウェストール
訳: 金原 瑞人
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784198616380

小学校高学年から

出版社からの紹介

カーネギー賞受賞 13歳のサイモンは、夏休みを初めて継父の家で過ごすことになった。だが、死んだパパを未だに敬愛するサイモンは、継父や家族への憎悪を募らせ、かつて忌まわしい事件があった水車小屋に巣食う邪悪なもの「かかし」を目覚めさせてしまい…!? 英国児童文学の巨匠が、追いつめられた少年の心理を鮮やかに描く。

ベストレビュー

恐怖のかかし

かかしというと、田園などでのんびりたたずみ、ほのぼのとした雰囲気を放っているものというイメージがあります。
でもこのお話のかかしは違います。とっても怖いのです。

母親の再婚相手が気に入らない少年サイモンは、日ごと家族から孤立していきます。
そして増幅する憎しみの気持ち。
そんなサイモンの憎悪が、曰く付きの「かかし」を家に近づけるのでした。
どんどん近づいてくるかかし。
家にやってきたら一体何が・・・じわじわと攻めてくる恐怖を感じます。

新しい父親をなかなか受け入れることのできないサイモンの度重なる嫌がらせ。
その行動は目に余るほどですが、逆にそれがとても痛々しくも感じます。
自分の願いとは裏腹に、家族から敬遠されていく姿。
自業自得とは言い切れない、何ともいえない切なさがあります。

かかしを近づけてきたもの、それは誰もが抱く感情。
私たちにも、違った形でこんなことが起こるのかもしれません。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・ウェストールさんのその他の作品

ウェストール短編集 遠い日の呼び声 / ゴーストアビー / 禁じられた約束 / クリスマスの幽霊 / 弟の戦争

金原 瑞人さんのその他の作品

マインクラフト ジ・エンドの詩 / 世界に生きる子どもたち 男の子でもできること みんなの未来とねがい / ドリトル先生アフリカへ行く  / ヴァイキングの誓い[新版] / ゴーストソング / ゴーストダンス



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

かかし

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット