季節
ママってすごいね!

ママってすごいね!(評論社)

どのママも、みーんな、スーパーママ!

  • 学べる
  • 役立つ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル

新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル

  • 児童書
作: ラッセル・E・エリクソン
絵: ローレンス・ディ・フィオリ
訳: 佐藤 涼子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2008年02月
ISBN: 9784566013360

小学校中学年〜
20.8×15.4cm/82ページ

8〜9歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学2年生向けベストセレクション

みどころ

一匹のヒキガエルが、ある冬の日に恐ろしいミミズクにつかまって、誕生日に食べられる!?

長い間、小学校国語の教科書にも取り上げられているこちらのお話。大人の方にはあっと懐かしく感じられた方も多いのではないでしょうか?1982年に日本で初めて刊行された後、2008年に訳を新たに装丁も大きく変わり、さらに読みやすく手にとりやすくなりました。

土の中で暮らしているヒキガエルのきょうだい、ウォートンとモートン。ある日ウォートンはモートンが作った美味しい砂糖菓子をおばさんに届けるため、寒い雪道をスキーで出かけます。しかし途中で足をケガして、たちの悪いミミズクにつかまってしまうのでした。ミミズクは6日後の自分の誕生日の特別なごちそうとして、ウォートンを食べるといいます。けれどもウォートンとミミズクは毎晩、お茶を飲んでたくさんおしゃべりをするように。もしかしたらミミズクの気が変わるかも?と淡い期待を持つウォートンとともに読者である私たちもウォートンがどうか食べられませんように、と祈らずにはいられません。そうするうちにもミミズクは、カレンダーの日付を1日1日「×」で消していき、誕生日はどんどん近づいて…。果たしてウォートンは食べられてしまうのでしょうか?

どんな絶望的状況にあろうとも決してあきらめない勇敢なウォートンの姿と、お話にちりばめられた登場人物それぞれの優しさに、子ども達は何を感じとるでしょうか。来たるミミズクの誕生日には予想外の展開が次々とおとずれ、心があちこちに大きく揺さぶられます。さまざまな感情をウォートンとともに体感し、ウォートン以外の登場人物の気持ちをも汲み取ることで、言葉にできない豊かなものが子ども達の中に育まれていくようなそんなステキな作品です。

ヒキガエルのウォートンとモートンのお話がもっと読みたくなったら、ぜひ続けて「ヒキガエルとんだ大冒険」シリーズをどうぞ。こちらはなんと続編が6冊も出ています。1人で読むなら3年生ぐらいから、読んで聞かせてあげるなら5歳ぐらいからおすすめです。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

雪の野原でミミズクにつかまったヒキガエルのウォートンは、ミミズクの誕生日のごちそうにされることに。その日は一週間後。ウォートンは逃げ出せるのか…? 大人気シリーズが、大幅に訳を改めて再登場!

ベストレビュー

これは読まないと!!

 ひきがえるの兄弟「ウォートンとモートン」料理好きのモートンが作ったお菓子を、冬なのに遠くのおばさんに届けるとウォートンが言い出して・・・。スキーをはいて、凍えないようにたくさん着こんで、心配するモートンを後にして出かけていきます。

 スキーで軽快に滑っていたはずが、ミミズクにつかまってしまいます。火曜日の誕生日のごちそうになると聞かされても、ちょっと落ち込むけど陽気なウォートンは、みみずくとお茶をしながら話こんだり、ミミズクに名前をつけたり、おそうじ好きなのできれいに片付けたりと、どんどんミミズクを自分のペースに引き込んでいきます。

 果たして、ウォートンは火曜日のごちそうとしてたべられるのでしょうか?

 この作品1974年に発表されたそうです。古いんだけど、全くそんなの感じさせません。そして、いろんなブッククラブの配本に必ず入っているのに、今まで手にとっていませんでした。今回、初めて新版のものを読んでみたのですが、目からうろこが・・・、大人の自分が読んでも本当に本当に素晴らしい幼年童話です。子どもも、小学校で読んだよと。この母の感動を伝えたかったのに・・・、すでに知っていた様子で、本当にめぐり合って欲しい本を読んでくれていてうれしかった。続編も後6冊あるので、ドンドン読んでいこうと思います。
(やっちょとやまちゃんさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラッセル・E・エリクソンさんのその他の作品

新版ヒキガエルとんだ大冒険 (3) ウォートンのとんだクリスマス・イブ / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (4) SOS! あやうし空の王さま号 / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (2) 消えたモートンとんだ大そうさく / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (5) ウォートンとモリネズミの取引屋 / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (7) ウォートンとカラスのコンテスト / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (6) ウォートンとモートンの大ひょうりゅう

ローレンス・ディ・フィオリさんのその他の作品

新版ヒキガエルとんだ大冒険(全7巻セット)

佐藤 涼子さんのその他の作品

くびわをはずしたパピ パピの東日本大震災 / 火よう日のごちそうはひきがえる / ひきがえるとんだ大冒険シリーズ1 火よう日のごちそうはひきがえる / かしこいポリーとまぬけなおおかみ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.83

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット