宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう

  • 児童書
作: たつみや章
絵: 広瀬 弦
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784251036421

小学校中学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

台風の翌日、太郎がゴミの中から拾い上げたのは、小さいかっぱの赤ちゃんだった! じっぽと名前をつけたけれど…。

ベストレビュー

小学生の気持ち。

小学2年生の娘のために図書館で借りてきたのですが、娘より先に私が読んで気に入ってしまいました。
台風のあとで道に打ち上げられたカッパを拾ってきてしまうたろう。
そして、お母さんに内緒でこっそり飼いはじめます。
ところが、「友達にカッパなんて!」と馬鹿にされて、見せるために学校に持っていってしまします。
そこで、食べてはいけない金魚を食べまくったじっぽ(カッパ)を知り合いのお兄さんにあげて、なんだかちょっとほっとします。
その後、「解剖されるかもしれない!」と一人で隣町までじっぽを探しに行きます。
太郎のこころの動きが、忘れていた子供の頃の気持ちを思い出させてくれ、作者はどうしてこんなに子供心に寄り添えるのだろう・・・。と感心しました。

最後のじっぽとの別れがせつなく涙腺が緩みそうになりました。
(まおずままさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たつみや章さんのその他の作品

夜の神話 / 冥界伝説・たかむらの井戸 / 天地のはざま / 地の掟月のまなざし / 月神の統べる森で / スズメぼうし

広瀬 弦さんのその他の作品

西遊記(13) 風の巻 / 佐野洋子の動物ものがたり / サブキャラたちの日本昔話 / 西遊記(12) 珠の巻 / いそっぷ詩 / とらねことらたとなつのうみ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット