新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ベンガル虎の少年は……

ベンガル虎の少年は……

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 伊東 寛
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ベンガル虎の少年は……」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1988年
ISBN: 9784251061416

小学校中学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ベンガル虎の少年は、一人前の虎になって、名前をつけてもらうために、旅に出ました。ユニークな冒険物語。

ベストレビュー

斉藤洋×いとうひろし!面白いです。

たぶん、本の作りからみると、小学生の中学年から高学年をターゲットにした児童書だと思います。
でも我が家では、図書館で借りてきたのを見つけた中2の上の子が、
真っ先に読みました。
以前読んだ斉藤洋さん×いとうひろしさんの児童書「ぼくのおじさん」がすごく気に入っていたからだそうです。

物語に出てくるベンガル虎の少年は、うちの子の心を揺さぶったようでした。
一気に数時間で読んでしまい「面白かった〜」ですって。
斉藤洋さんの作品は、本篇にはあまり関係ない登場人物の掛け合いが出てきますが、それがまた、本筋のいい潤滑油みたいになっている気がします。
後書きを読むと、作者はタイトルのあとの「……」に、
とても大事な意味を込めたのだそうです。
それは物語を読めば分かります。
まずは対象の小学生のみなさんに読んでもらいたいです。
とてもテンポがよく、読みやすい文体なので、読書はちょっと苦手。というお子さんでも、気軽に読めると思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / 静山社ペガサス文庫 十二夜 / 小箱の銀の狼 / おばけずかん アニメえほん(3) / 静山社ペガサス文庫 ロミオとジュリエット / 静山社ペガサス文庫 ハムレット

伊東 寛さんのその他の作品

ぼくのきかんしゃ / フォア文庫 ぼくのじしんえにっき / おふろかいじゅうカルルス / オイノ島がきこえる / ちびドラゴンのおくりもの / ぼくのじしんえにっき



「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

ベンガル虎の少年は……

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット