宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
うちゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うちゅう

作: マリー・コラチェク
絵: オリビエ・ラティク フィリップ・ミニョン
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,500 +税

「うちゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

くるくるまわして、ひっぱって、とびらをあけて……
大人でもわくわくする、しかけまんさいの図鑑絵本。
しかけ図鑑絵本シリーズ『ドクターKIDS』のPOINTは――
@ ぜいたくな「しかけ」が、子どもたちをあきさせません。
A たのしく遊びながら、「知識」をえられます。
B文字だけでなく、しかけの「動き」によって、子どもたちの好奇心と
探究心を育てます。
C 学ぶおもしろさを「体感」できます。
本書はそのドクターKIDSシリーズの『うちゅう』。
夜、空をみあげてごらん。星や月がかがやいているね。
星や月には、なにがあるんだろう?
星がうかんでいるうちゅうは、どうなっているんだろう?
さあ、うちゅうたんけんに出発だ!

ベストレビュー

遊び心があり楽しい♪

幼稚園児の娘と時々、太陽や月の事を話したりする程度でししたがプラネタリウムの映画鑑賞が楽しかったようで、絵本でも分かり易く太陽、月、星に関する本で読み物として子供と一緒に楽しめそうな絵本を探していたとこ、書店で平積みになっていたのを見て購入しました。

幼稚園児の娘は、絵本にしかけが満載なので興味しんしんに開いてます。
親子でうちゅうのお話をするのも“夢”があり楽しいですね♪
(キキ&ジジさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フィリップ・ミニョンさんのその他の作品

Last Trapper 最後の狩人 / きょうりゅう / せかいの国ぐに



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

うちゅう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット