宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
大砲のなかのアヒル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大砲のなかのアヒル

文: ジョイ・カウリー
絵: ロビン・ベルトン
出版社: 平和のアトリエ

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

町を攻撃しようとすると、大砲の中でアヒルが卵を抱いていて撃てない。将軍は市長と交渉して卵がかえるまで休戦する。その間、兵隊たちは町のペンキぬりをし、将軍は市長の家に遊びにいく。やがて卵がかえると…。

ベストレビュー

大砲を貸してもらえませか?だめです!

何日もかかって大砲を一台だけもって、とある町の攻撃のために
やって来た将軍と兵隊たちに困ったことが起りました。
大砲の中にアヒルが巣を作って卵を産んでしまったのです。

どうやっても出てこないアヒルに業を煮やした兵隊が、
アヒルごと撃ってしまおうといいますが、将軍はべつの大砲を
借りてこようと提案し、敵である市長さんに大砲を借りに行きます。

挿絵を見ると強面の将軍ですが、何とも心根の優しいお方です。
大砲を借りに行く?敵に武器を借りに行く?
何回か読み直してしまったくらいです。

市長さんの提案も気が利いていて、
大砲は貸せないので、卵がかえるまで休戦しましょう、
となりました。

結局、暇な兵隊さんたちは町のために働いて、戦意喪失し
戦争はおしまいになりました。

この物語を読んで思うのは、軍隊を牛耳るトップの人達は戦争が
大好き。色々な名目をつけ、戦争を正当化するのです。
でも命じられて戦地に赴く人たちに好き好んで戦う人はいないのです。
命をかけるより、ペンキを塗ったり、ゆっくり新聞を読んだり
する方が、いいに決まっています。

でも、戦争をして得をする人達がいる限り、この世から戦争はなくならないでしょう。

戦争を指導している全ての人がこの将軍と市長の精神を少しでも理解
できれば、世の中ちょっとは変わるかな。
(たれ耳ウサギさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子17歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョイ・カウリーさんのその他の作品

ヘビとトカゲきょうからともだち / ハンター / パンサーカメレオン / アカメアマガエル



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

大砲のなかのアヒル

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット