話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

もっとかんがえるカエルくん

もっとかんがえるカエルくん

  • 絵本
作・絵: いわむら かずお
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年10月25日
ISBN: 9784834018929

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
ページ数:56 サイズ:30X23cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「よる」と「ゆめ」の2部構成からなる第3集です。よるはどこからくるの? ゆめは誰がつくるの? そんな素朴な疑問をカエルくんとネズミくんがゆっくりと考えていきます。


 かんがえるカエルくんはいつも考えています。でもそんなに難しいことを考えているわけではありません。子どもたちがときどき不思議に思う、”空はどこから空なのだろう?”とか、”こころはどこにあるの?”といったささやかで素朴な疑問です。しかし、そんな疑問をカエルくんやネズミくん、子どもたちといっしょに考えていくと、実はその中に、生きるということにとって大切な、命のしくみの基本的な原理がひそんでいることに気づかされます。
 幅広い年齢の読者から好評を得ている「かんがえるカエルくん」シリーズの第3作目。
 月刊「おおきなポケット」に掲載した「よる」と「ゆめ」にオリジナル作品を加えて56ページのコマわり絵本として登場します。「ゆうひ、どこへいった?」「山のむこうの、ずっとむこう・・・・・・」「よるがくるね」「よるはどこからくるの?」「ゆめはだれがかんがえるの」など、カエルくんとネズミくんのゆったりとしたやりとりに子どもも大人も誘い込まれていきます。


ベストレビュー

ネズミくん、今回は眠かったね。

カエルくんの3作目は、「よる」と「ゆめ」の話。
この新作、なかなか本屋さんになくて、あちこち探して、最近やッと手に入れました。
今回はつき合わされてるネズミくんが、本当に眠そうで、見てるこっちまで眠気が移ってきました。
それと「とのかげのトカゲさん」が、今回はヒット!って、感じでした。
子供は大受け。かげととかげをかけたうえに、最後のカエルくんのセリフ「とかげさまで・・・」が、いいんだなア。
カエルくんのファンで、まだ、見てない人は、ぜひご覧になって下さい。
それと、このままカエルくんシリーズが続いた時、次の題名は「とことんかんがえる」とか、「むちゃくちゃかんがえる」とか「いつまでもかんがえている」とかつくのかな。
子供と一緒に今から題名当てを楽しんでいます。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

2021 14ひきのカレンダー / トガリ山のぼうけん(2) ゆうだちの森 / トガリ山のぼうけん(3)月夜のキノコ / トガリ山のぼうけん(4) 空飛ぶウロロ / トガリ山のぼうけん(5) ウロロのひみつ / トガリ山のぼうけん(6) あいつのすず


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > コミックス・劇画 > もっとかんがえるカエルくん

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

もっとかんがえるカエルくん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット