話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?(フレーベル館)

大人気アニメ「PUI PUI モルカー」が絵本になりました!

  • かわいい
  • 盛り上がる
子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん

子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん

  • 絵本
絵: みやもとただお
再話: おざわ としお いとう なおこ
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥495

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年01月
ISBN: 9784774312484

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<26巻あらすじ>
正直者ですが貧乏な東のおじいさんとおばあさんがいました。ある夜、夢に竜宮さまが現れ、かっぱの一文銭を授けてくれると、その日からどんどん金持ちにおなりました。
そのうわさを聞いた西のじいさんが、かっぱの一文銭を借りに来ました。東のおじいさんは「少しの間だけなら」と、かっぱの一文銭を貸しますが、西のおじいさんは返そうとはしませんでした。東のおばあさんは家の猫にかっぱの一文銭を取りもどしてくるようにいい、猫は犬の背中に乗って川を渡り、首尾よく一文銭を取りもどしますが、帰る途中、川の中へ落としてしまいます。川に落ちた一文銭を、猫は、トビや鵜や鮎たちを使って拾い上げようとします。

ベストレビュー

ねこの活躍

このシリーズ、全巻読んでいないような気がします
で、何度読んでもいいので
と、これは・・・読んだかな???
と、気になって図書館から借りてきました

ちょうど、先日
紙芝居「うろこだま」を見たばっかりで

似ている!!

でも、この作品では、川を挟んで
東側の正直じいさんばあさん

西側の欲張り爺さんばあさんの設定

竜宮様が現れ
「かっぱのいちもんせん」を授かります

なぜ“かっぱ”???

川の神様?
竜神ではなく、竜宮???
と、、「?」がいっぱい(笑
すぐに疑問に思ってしまいます

ねこの活躍がすごい(笑
リアルな絵がまた、迫力があります

川に沈んだいちもんせんを取るのに
力関係の図式のような
「取ってこい、そうしたら、命は助けてやる」
という繰り返しも
知恵なのか、力関係を皮肉っているのか

取り返した後は
平和そうなねこの表情にも
感心してしまいます

「それでぽっちり」・・・お話の最後の言葉もかわいらしい

付録もなかなか興味深い内容です
一読をお薦めです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ / 子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも

みやもとただおさんのその他の作品

うみが みえます / はっぱのゆうびんやさん / かえってきたドロンコ / いればのガタくん、そらとんだ / ぼくとおじいちゃん / But I Like You きらいですき


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん

えほん新定番 from 好書好日

子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット