新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ

子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ

  • 絵本
絵: ひろの たかこ
再話: おざわ としお きたがわ きみこ
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥495

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年01月
ISBN: 9784774312521

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<30巻あらすじ>
子どものいないじいさんとばあさんに山で拾われたへびの子。「しどこ」と名づけられ、かわいがられて育ったのですが、「しどこ」があまりにも大きくなりすぎて、村の人々から追い出されます。「しどこ」は山を越えてゆき、田んぼの中に大きな池をつくり出します。その池のまわりには、美しい花が咲くようになり、村人たちがおおぜい見物に来るようになりました。ある日、その池に長者の娘が落ちて大騒ぎになりますが、そこに「しどこ」が現れ、娘を助け出します。長者は「しどこ」にお礼をし、じいさんとばあさんを一生世話をすると約束します。

ベストレビュー

簡潔で読みやすい。

わたしたちの祖先より代々語り継がれてきた昔ばなしには、子どもの心をひきつける力があります。そんな昔ばなし本来の「語り口」の特徴を生かした、親子で楽しめるシリーズです。片側に挿絵、もう片方に文章が書かれており、シンプルで読みやすいです。昔話らしい素朴さがあり、シンプルで読みやすいところが気に入っています。
シリーズで揃えていても1冊1冊が薄く軽いため、さほど本棚を占領することなく、子どももさっと本棚から取り出し読んでいます。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ZOOM
    ZOOMの試し読みができます!
    ZOOM
    作・絵:イシュトバン・バンニャイ 出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
    クリスマスプレゼントにも!

おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも

ひろの たかこさんのその他の作品

こねこが にゃあ / ねんね ねんね / ねんねのうた / わんわん なにしてるの / はっぱのなかでみいつけた / 子どもとうたう うたのえほん はないちもんめ(CD付き)


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット