話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
絵本 かがやけ・詩(2) レモン(かんじる ことば)

絵本 かがやけ・詩(2) レモン(かんじる ことば)

  • 絵本
  • 児童書
作: 小池 昌代
絵: 村上 康成
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,980

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784251092526

小学校低学年以上
A4変型判/40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

よりすぐりの詩と人気絵本画家が奏でる極上のハーモニー。詩を読みながら言葉そのものを感じられる楽しい絵本です。好評シリーズ第2弾は、五感(見る・聞く・におう・触る・味わう)で味わう詩をベストセレクト。画家は村上康成。村上自ら、「新境地!」という、今までにない彼の作品も思う存分堪能できます。巻末の小池昌代さんによるやさしい詩の解説は、詩の理解を助け、深く寄り添うことができるエッセイとしても楽しめます。

ベストレビュー

考える絵本

身の回りのありふれた物や、日常の断片を題材に書かれた詩が集められています。
平板ではあるけれど、極めて哲学的な感じがします。
感じる絵本という作りですが、考えさせられる絵本。
決して低学年向けではないように思います。
ありふれた物や、日常の断片を改めて考え直す。
様ざまな詩人の見方考え方感じ方を通して、日頃あまり深く考えることのない事柄を見つめ直す、そんな刺激がありました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小池 昌代さんのその他の作品

黒雲の下で卵をあたためる / この名作がわからない / 絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば) / 絵本 かがやけ・詩(4) うち 知ってんねん(みんなの ことば) / 絵本・かがやけ・詩(3) どっさりのぼく(いきる ことば) / 絵本 かがやけ・詩(1) かさぶたって どんなぶた(あそぶ ことば)

村上 康成さんのその他の作品

黄色い竜 / はやくしなさい! / ゆーらゆら みかづきちゃん / ちゃーぷちゃぷ あひるちゃん / おにぎり! / うーんうん うんちちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学詩歌 > 絵本 かがやけ・詩(2) レモン(かんじる ことば)

ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

絵本 かがやけ・詩(2) レモン(かんじる ことば)

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット