話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

くじらのバース
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くじらのバース

  • 絵本
作・絵: 村上 康成
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784893257055

4・5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

南の島に住む少年ナリンと島で生まれ、毎年冬になると戻ってくるザトウクジラのバースは同い年。地球というこの星の上で、今ともに生きていることの奇跡を伝えます。

ベストレビュー

のびのび描かれた絵が好き

村上さんの描かれた絵は、爽涼感でいっぱい!
見ていて、心が透明になっていくようにさわかな気分になれます。

南の島に住むナリンの生活と、冬になるとこの島近くの海に帰ってくるくじらのバースの生活がそれぞれ描かれていますが、生活のようすはちがっていても、それぞれの心はつながっているようで、ほのぼのします。南の島ののんびりした空気が絵と文から伝わって、行ってみたくもなります。

子どもには、南の島での生活や、くじらの生態などが、新鮮にうつったことだと思います。お話の季節は冬から春にかけてですが、夏に
読むと、南の島の風が吹いてきそうな感じがして、おすすめです。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子9歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

村上 康成さんのその他の作品

まっている。 / リュックをしょって  / そっくりこ / さかなつりにいこう! / アイアイ / ぞうさんうんちしょうてんがい



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

くじらのバース

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット