宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
マルガリータとかいぞく船
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マルガリータとかいぞく船

  • 児童書
作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜朝は8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784251077028

小学校低学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

マルガリータは、料理が得意でのんびりのんきな、くまの女の子。友だちのマルチェッロは、きれいなものが好きで手先の器用な、みつばちの男の子。ふたりは海辺でレストランをやっています。ある夜、かいぞくが現れ、マルガリータの宝物を持っていってしまいました。ふたりはお店を船に改造して、大海原へ! 細やかでユーモアたっぷりの絵と、独特な登場人物が楽しい、人気の絵本作家・工藤ノリコさんがはじめて作った絵童話です。

ベストレビュー

工藤ノリコさんの作品

私自身が工藤ノリコさんのファンなのでこの絵本を選びました。”ピヨピヨのスーパーマーケットで出会った感動をこの絵本で再び感じる事が出来ました。美味しい料理が出てくるところも大好きです。主人公の料理が人を幸せにし、楽しい雰囲気を作り出していくところがとても素敵でした。美味しい料理は人の心を和らげるのだという事をこの絵本は教えてくれた気がします。知恵と少しの勇気さえあれば人生はもっと楽しくなる事を主人公から学びました。船が無いなら作ればいいとある材料で作ってしまう行動力は脱帽です。続編も是非読みたいです。
(ぴょーん爺さん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

工藤 ノリコさんのその他の作品

ノラネコぐんだん おばけのやま / ノラネコぐんだん はらぺこレシピ 抜き型つき / ノラネコぐんだんと海の果ての怪物 / ノラネコぐんだん アイスのくに / ノラネコぐんだん かるた / ビッグブックノラネコぐんだん パンこうじょう



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

マルガリータとかいぞく船

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット