宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ぼくの ベンチに しろいとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくの ベンチに しろいとり

  • 絵本
作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年07月
ISBN: 9784783403173

新装改訂版

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】葉祥明のデビュー作新装改訂版発行記念!

出版社からの紹介

公園のベンチがお気にいりの白い犬。今日はベンチに見知らぬ一羽の小鳥が来ていました。迷子になった小鳥の話をきいた白い犬は、いっしょに仲間を探すことに……。
のんびり、おっとり、お世話好きな白い犬のジェイクと迷子の小鳥のちいさな出会いと別れのお話は、単純だけれど、あたたかい。緑いっぱいの世界で、いっしょにお散歩しながら、ほっとひと息ついてはいかがでしょうか。

今回、新装改訂版として原画から新たに印刷。あたたかさはそのままに、一層さわやかな色調になりました。手に馴染むしっとりとしたカバー付き。カバーの袖には、絵本には出てこないジェイクという名前の由来が書かれています。帯にもジェイクが隠れていますよ。

ベストレビュー

耳にも心地よい

以前のレビュー企画で「ジェイク」のことを知り、その優しい世界観に癒されました。こちらがジェイクの始まりなんですね。
日常の何気ない一コマが、愛おしいものと感じられる素敵な描写でした。
「ゆうらりゆうらり」「もぐもぐぱくぱく」「ちちち」など、オノマトペが多用されていて、耳にも心地よい絵本でした。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


葉 祥明さんのその他の作品

いっしょにうたおう♪マザーグースのうたA遊びうた編 / Call My Name コール マイネーム  / いっしょにうたおう マザーグースのうた / ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜 / ミニ版CD付ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜 / 赤毛のアン〜Anne of Green Gables〜



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ぼくの ベンチに しろいとり

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.49

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット