あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふしぎなえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎなえ

  • 絵本
作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1971年03月
ISBN: 9784834002584

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

あがってもあがっても下へいく階段。どうしてもさかさまに歩いてしまう横断歩道。そんなふしぎな世界が次つぎとくりひろげられる、子どもからおとなまでが楽しめる絵本。

ベストレビュー

40年近くたってもはっきり覚えています

子どもの頃に読んだ(見た)本です。
姉達と「不思議だね〜」「これ、おかしいよね〜」と言いながら、何度も何度も飽きずに眺めました。
本をひっくり返したり、回したりしながら、いろいろな角度から眺めてみたことをよく覚えています。
40年近く見ていませんが、今でも、何点かの絵ははっきりと覚えているほど印象的でした。

最近、安野光雅さんの絵本をよく読みます。
この精密な絵は、大人の方により人気があるかと思っていましたが、今よりも、子どもの頃の方が、深い感動を持って見ていたような気がします。
そういえば、我が家の子どもたちにも、お話会の子どもたちにも、安野光雅さんの絵本は評判が良いのです。
こういう長い間生き残ってきた本は、やはり素晴らしいものを持っているものですね!
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

旅の風景 / 文庫手帳2020 / 銀の匙 / かずくらべ / 安野光雅 自分の眼で見て、考える / メアリ・ポピンズ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

ふしぎなえ

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット