新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

たべちゃうぞ

たべちゃうぞ

作・絵: 木村 泰子
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「たべちゃうぞ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1974
ISBN: 9784783400660

出版社からの紹介

小さな魚が森の中をとっとこ歩いていくと、「たべちゃうぞ」と、いろいろな動物があらわれて…。作者独自の動物たちがかもしだすユニークな世界!

ベストレビュー

心温まる一冊

ちいさな さかなが あるいてく
とっとこ とっとこ もりのなか(みち?)

…確かこのような書き出しだったと思います。
魚が森を歩いているんですよ?
もうこれだけでわくわくしちゃいますよね!

小さな魚は怖い猫や虫やけむくじゃら(怪物?)に出会い、「たべちゃうぞ」と襲われかけるのですが、そのたびに「お願い、食べないで。ママを探しているの」と言います。
「ママがいなけりゃたいへんだ」とみんな同情し、小さな魚と一緒にママを探してとっとことっとこ。
水槽に入れられたママを見つけ、みんなで協力して助け出します。
でもお腹が空いたみんなは、「今度こそたべちゃうぞ」と小さな魚に襲いかかろうとするのですが、小さな魚は「まって、ママのスープは世界一、食べにおいでよ」と言って、みんなを家に招きます。
最後はみんなが美味しそうにスープを食べるシーン。
そして、けむくじゃらの「今日はほんとにいい日だったなぁ」という一言でしめられます。

なんといっても他ではちょっとみない個性的な絵が魅力的!
そして、この優しいストーリーに心温まります。
ママを探している=助けないと!という単純な思考回路が、母親の存在の大きさを物語っているようでちょっと嬉しい。

子どもが1才8カ月の時に知人からお借りし、その時点ではあまり興味を示さなかったのですが、1才9カ月になったある日、自分から持ってきて、何度も繰り返し読まされました(笑)
私自身がとても好きになってしまったので、購入しようと思っています。
以前読んだ『ぼくのでんしゃ』もそうですが、至光社の国際絵本って良いですね。
(にゃごにゃご隊長さん 30代・ママ 男の子1歳)

出版社おすすめ


木村 泰子さんのその他の作品

学校の未来はここから始まる 学校を変える、本気の教育論議 ガッコウヲカエルホンキノキョウイクロンギ / 「ほんとのこと」は、親にはいえない 子どもの言葉を生み出す対話 / 「みんなの学校」から社会を変える 障害のある子を排除しない教育への道 / 「みんなの学校」が教えてくれたこと / 新装版 ぱっくんおおかみのえほん(全5巻) / ぱっくんおおかみ おとうさんににてる


絵本ナビホーム > > たべちゃうぞ

絵本が教えてくれる国際基準の性教育『女の子のからだえほん』

たべちゃうぞ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット