おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
マルーシカと 12の月
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マルーシカと 12の月

作: かんの ゆうこ
絵: たなか鮎子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マルーシカと 12の月」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784061323698

出版社からの紹介

「あなたのために、少しのあいだだけ春を呼んであげましょう。」

ふぶきの夜、森のおくで少女がであった奇跡。『森は生きている』の名でも知られるスラブ民話をもとにした、少女と12の月の精霊たちの物語。

ベストレビュー

シンデレラストーリーではないけれど。

娘が先に読んで「これいいよ〜。」と私に勧めてくれた絵本です。
まま母とその連れ子の娘にいじわるされてばかりのマルーシカ。
そんな彼女のシンデレラストーリー…と思っていたら
結末はちょっと違っていました。
そこを娘は気に入ったようです。

森で小鳥を助けた事が 
めぐりめぐって
窮地に陥ったマルーシカを助けることにつながったように
ほうびとして王様からもらった金貨を
町の貧しい人や困っている人に全て配ってしまったことも
きっといつか彼女に幸福をもたらすだろうと思えてくる結末に
あったかい気持ちになりました。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かんの ゆうこさんのその他の作品

はりねずみのルーチカ 人魚の島 / ソラタとヒナタ みえない星空 / はりねずみのルーチカ フェリエの国の新しい年 / ソラタとヒナタ ともだちのつくりかた / はりねずみのルーチカ りんごとれるかな? / はりねずみのルーチカ ハロウィンの灯りー

たなか鮎子さんのその他の作品

はだかのおうさま / うらしまたろう / フィオーラとふこうのまじょ / 針つくりの花むこさん / きいろいてがみ



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

マルーシカと 12の月

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット