話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

なかなおり

なかなおり

  • 絵本
作: シャーロット・ゾロトウ
絵: アーノルド・ローベル
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

税込価格: ¥1,485

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784887470798

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「どろんここぶた」や「ふたりはともだち」で子どもたちに人気のアーノルド・ローベルがシャーロット・ゾロトウと一緒に作った絵本です。

パパがお出かけのキスを忘れたのでママは息子にやつあたり。息子は姉さんにやつあたりとどんどんひろがりますが、それを止めたのが犬のパジィ。ひとりの機嫌が直ると、あっというまにみんななかなおりをして、さいごにはパパが帰ってきてママにキス。ハッピーエンドです。ほんとうは、仲よしのほうが好きなのにふとしたことからけんかや仲たがいが起こります。それを止めることができるのも人間だ、とゾロトウさんが描いています。

ベストレビュー

謝ることの大切さを教えてくれます

1963年初版の古典的絵本で、日本では2008年3月に翻訳されたもの。

雨降りに起きたママの憂鬱が、家族に伝染していきます。
憂鬱からけんかに発展します。
確かに、雨降りって憂鬱なものですよね。
それが、ふとしたきっかけで皆が謝って仲直りしていくという物語です。

「謝ると良い気持ちになりました。」
という文章がくりかえされるのですが、とても良い響きです。
ふとした日常に、こんな気持を持てる子供に育って欲しいものです。

モノトーンの絵は少し暗い感じがするのですが、雨の憂鬱さを端的に示していると思います。
また、話の転換する場面では、頁全体が黄色で描かれており、効果的な印象を持ちました。

何回か読むと良さがわかってくるのですが、文章、絵とも少し暗くて重いので、子供にとってすんなりと受け入れられないかも知れません。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ

シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

ねえさんといもうと / かあさん、だいすき / そらはあおくて / おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / いっぽ、にほ・・・

アーノルド・ローベルさんのその他の作品

ふたりはしんゆう がまくんとかえるくん ぜんぶのおはなし / ふまんばかりのメシュカおばさん / ふたりはずっと かしこいちえの ことばしゅう / かえるの哲学 / これが ぼくらに ぴったり! / マスターさんとどうぶつえん

みらい ななさんのその他の作品

青い花の えかきさん / おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / おとうさん / くものがっこう



えほん新定番 from 好書好日

なかなおり

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット