話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
きいてよ こいしが はなしてる

きいてよ こいしが はなしてる

作: 佐久間彪
絵: ヒルデ・ヘイドゥック-フート
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,282

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996
ISBN: 9784783402404

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

居心地のよい場所を求めて、仲間の石たちの間をうろうろする小石。石のひとつひとつが生きているような表情を見せる、見るたびに味わい深い一冊。

ベストレビュー

自分の居心地のよい場所にたどり着くまで

大勢いれば、賑やかで楽しいというものではないけれど、その

場所が気に入らなければ自分から進んで他の場所に移動すれば

いいんだと思いました。でもなかなか面倒くさいから嫌だなあと

思う私ですが、小石は、自分が思う居心地のよい場所が見つかっ

てよかったなあと思いました。
(押し寿司さん 70代以上・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐久間彪さんのその他の作品

バベルの塔 / ちっちゃなもぐら / ちきゅう / きゅうすいとうの くじら / むかし べツレヘムで / くろいひつじの メーリ

ヒルデ・ヘイドゥック-フートさんのその他の作品

やさしい ひつじかい / おうむと あみもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > きいてよ こいしが はなしてる

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

きいてよ こいしが はなしてる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット