なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
すみれちゃんは一年生
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すみれちゃんは一年生

  • 児童書
作: 石井 睦美
絵: 黒井 健
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784033452906

小学初級から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一年生になったすみれちゃん。いっしょにいたがる、いもうとのかりんちゃんが悩みの種です。『すみれちゃん』の続編の傑作連作童話。

ベストレビュー

いろんな気持ちを受け入れながら大きくなって

『すみれちゃん』の続編みたいですが、
『すみれちゃんは一年生』から読んでも問題なく読めました。

1年生の息子に読みましたが、
これを読んで、次の日
「お母さんは、弟が生まれる前とどっちがよかった?」
と聞いてきました。
つまり、弟が産まれなかった家族三人の方がよかったと
言ってほしかったみたいですが、
さすがにそれは同感できませんでしたが、
最近何でも真似して、ちょっとでも嫌なことがあると
兄のせいにする弟がちょっと気に食わない様子。
すみれちゃんの妹への気持ちにちょっと共感してしまい、
嫌だと思ってもいいんだと安心したのかもしれません。
作者や親の狙いからは外れていますが、
それでもいろんな人の感情を学んだようで
いろんな気持ちを受け入れながら大きくなっていってほしいです。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 睦美さんのその他の作品

うさぎのバレエだん / ラブレターをもらったら / 角川つばさ文庫 小説 一度死んでみた / 愛しいひとにさよならを言う / あきのセーターをつくりに / ぼくたちは卵のなかにいた

黒井 健さんのその他の作品

スキップスキップ / しろいしろいころわん / こすずめとゆき / まんまるねんね / ひとりぼっちのつる / ゆめのふね



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

すみれちゃんは一年生

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット