まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ねむいねむいじけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむいねむいじけん

  • 絵本
作: M・W・シャーマット
絵: M.シマント
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,238 +税

「ねむいねむいじけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 初版 2002年2月
ISBN: 9784477014784

小学校初級以上向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ロザモンドのねこのまくらカバーがなくなり、ネートは夜中に電話でたたきおこされます。それがないと、ねこは眠れないというのです。

「ぼくはめいたんてい」シリーズの続編、「めいたんていネート」の登場です! 主人公ネートは、前作に引き続き、探偵の才能を生かして難事件を解決していきます。そして、相棒犬やゆかいな友だちも登場します。彼らのユーモラスなやりとりの中には、いつも愛情や友情が感じられ、子どもたちの生き生きとした姿が表現されている傑作シリーズです。

ベストレビュー

真夜中なのにすごい!

ネートシリーズ大好き7歳の息子と読みました。

今回は、題名からも分かるように、
真夜中に活動するネート。

自分の部屋に電話があるのもびっくりですが、
夜中の2時に平気で起こして呼び出す友人もすごい、
そしてそんな時間に出動するネートにもびっくりです。

真夜中に相棒のファングと出かけていくネート。
秋なのか冬なのか、外はとても寒いらしい。
そしてさらに別の友人まで巻き込んで、
真夜中なのにさらりと事件を解決するニート。
いつものことながらよくピンとくるなあ。
さすがですね。

今回も最後までなかなか謎が解けなかった私と息子。
しっかり頭が起きていたのに、
真夜中の2時のネートに負けてしまった私たちでした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


M・W・シャーマットさんのその他の作品

だいじなはこをとりかえせ / 2るいベースがぬすまれた?! / ペット・コンテストは大さわぎ / ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ / ぼくはめいたんてい Aセット(全5巻) / ベントリー・ビーバーのものがたり



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

ねむいねむいじけん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット