話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

だんごをなくしたおばあさん

だんごをなくしたおばあさん

  • 絵本
作: 小泉 八雲
絵: 平山 英三
訳: 光吉 夏弥
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,014

「だんごをなくしたおばあさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 初版 1977年9月
ISBN: 9784477167633

小学校初級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

だんごをつくるのが大好きなおばあさんは、連れていかれたおにの家から、ふしぎなしゃもじを持って逃げ出そうとします。

ベストレビュー

小泉八雲のユーモア ふっふふと笑えました

小泉八雲のお話はとってもユーモアがあっておもしろい
「テ、ヘ、ヘ、ヘ!」と笑うおばあさん 
 お米のダンゴを作る名人
だんごがころがって 穴のなかへ・・・・

お話の展開がゆかいで おじぞうさまが 「ここからさきへは いかないほうが いいよ・・・」といってくれたのに・・・
(言うことを聞かないおばあさんですが おじぞうさまは おばあさんを守ってくれるところ  なんだか ホットします こういうお話しの展開いいですね〜)

おばあさんは 「だんご だんご どこへ いった?」とおいかけてとうとう
人食い鬼に出会うんですが・・・ 
おばあさんの朗らかさ おじぞうさまがちゃんと 鬼に 「おばあさんを いじめたら しょうちしないからね。」と鬼に言ってくれるところは 今までの日本の昔話の筋とはちがうな〜
おじぞうさんの おかげで 鬼たちは おばあさんを いじめないで
ご飯炊きをさせるんです  なかなか 素直なやさしい鬼なのですよ

おだんご好きのおばあさんは鬼から逃げ出すところも おもしろく
読んでいて 楽しいのです

明るいおばあさんの 人徳かな?

平山 英三さんの絵もなかなか おもしろくて このお話を盛り上げてくれています
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。

小泉 八雲さんのその他の作品

角川つばさ文庫 怪談 日本のこわい話 / 耳なし芳一 / 怪談小泉八雲のこわ〜い話 1 耳なし芳一・ろくろ首 / 紙芝居 あらしのうみのゆうれい / 耳なし芳一・雪女 八雲怪談傑作集 / 偕成社文庫 怪談

平山 英三さんのその他の作品

ももと こだぬき / はるのおつかい / 落ち葉 / いちごつみ  / 少年動物誌 / おにぎり

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / ガンピーさんのふなあそび<新版> / ガンピーさんのドライブ 新版


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > だんごをなくしたおばあさん

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

だんごをなくしたおばあさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット