かえりみち

かえりみち

  • 絵本
作・絵: 森洋子
出版社: トランスビュー

本体価格: ¥1,600 +税

「かえりみち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年1月刊行
ISBN: 9784901510554

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「MOE」(2008年5月号)より
子どもにとって幻想的かつ日常的な大冒険。読んでいると、忘れていた
感覚が体にザワザワと蘇ってくるよう。

「イラストレーション」(2008年5月号) 広松由希子氏評より
日常のとるにたらない疼きが、絵本の形に結晶させれるであろう今後を
ゾクゾク期待してしまう。

「しんぶん赤旗」(2008/03/22) 奥山恵氏評より
わくわくするような冒険の世界が、日常のすぐとなりに見えてくるよう
なスケールの大きな一冊。

出版社からの紹介

子どもの頃には見えていた、
日常とシンメトリーするもうひとつの風景。
細密な鉛筆画で描く、はじめてだけども懐かしい
森洋子の作品世界。

■作者紹介

森 洋子(もり ようこ)
1959年、東京生まれ。東京芸術大学美術学部絵画科卒業、1984年、東京芸術大学大学院美術研究科修了。
2000年「たけしの誰でもピカソ」第2回映像アーティストピカソ大賞受賞。
 受賞作品[KIOKUEIGA](トランスビューのホームページで、動画をご覧になれます)。
2001年、東急世田谷線で、森洋子「絵写真展示電車」が運行される。
2005年、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品「路地裏の鬼」。
現在、城西国際大学福祉総合学部助教。『かえりみち』が初めての絵本の出版。今後の活躍が注目される。

ベストレビュー

不思議な世界

森洋子さんの絵本は

他にも読みましたが、いつもモノトーンの絵本です。

なんか不思議な絵本でした。

絵本の中身は今回も色がありません。

不気味というか、独特な雰囲気があります。

受け止め方?感じ方次第かな?

現実の世界を空想の世界にいざなう

そんな感じかな?

小さい子向けだと思いますが、

小さい子には難しいかも・・・
(ジョージ大好きさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森洋子さんのその他の作品

まよなかのゆきだるま / ぼくらのひみつけんきゅうじょ / まよなかの ゆきだるま



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

かえりみち

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット