話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1995年
ISBN: 9784652006122

小学校中級・上級
A5・190ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

あらしが通りすぎた朝、スキッパーは森のおくで珍種のフクロウをつかまえました。
同じ朝、愛妻家のポットさんがゆくえ不明に…。

ベストレビュー

悪夢のすいり

ポットさんを鳥にした犯人が、トマトさんだと
分かった時、びっくりしてしまいました。
しかも、その時の記おくがないので、悪夢
みたいだと思いました。スキッパーの、はんだんが
すごいと思います。わざと、秘密をばらすからです。
そのおかげで、ポットさんは助かりました。
機転をきかしたはんだん、よかったと思います。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

偕成社の新刊高学年向き読みもの 2020 / 図書館からの冒険 / AI・IoT・ビッグデータの法務最前線 / アチチの小鬼 / 新装版 星モグラサンジの伝説 / こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット