オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
あしたは月よう日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしたは月よう日

作・絵: 長谷川 集平
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あしたは月よう日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784580812123

幼児から小学校低学年向き
サイズ:A4

出版社からの紹介

*あらすじ*
日曜日。お父ちゃんはテレビばっかり見て、どこにもつれていってくれへん。鼻くそとばしたり、たばこすったり、おまけにオナラ! もういやや! あれ? お父ちゃんが……。

ベストレビュー

ありきたりな生活の大切さ

「あしたは月よう日」という題名と、うつろな目でななめ上を眺めている表紙。
始めは、サザエさん症候群のことを書いてあるのかなと思い、手にとりました。
でも、1ページ開いてびっくり。阪神淡路大震災で被害にあわれた方々にささげる本と書いてあり、鳥肌が立ちました。
それを読んだ後にもう一度表紙を見てみると、はじめ見たときと違った感想を持ちます。
絵本に描いてあるのは、ごくごく普通の休日を過ごす家族。
ずぼらな父、優しい母、無邪気な子どもたち。
この休日が、この家族にとって最後の休日だったということなのでしょうか…なんだか、やるせなくなります。
どこかに行くわけではない、普通の休日だとしても、家族で過ごす時間の大切さを教えてくれる絵本でした。
(こにゃららんさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 集平さんのその他の作品

新装版 ピラミッド帽子よ、さようなら / 夏のおわり / むねがちくちく / 天使がいっぱい / ぼくが弟にしたこと / あなに



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

あしたは月よう日

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット