季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
コロボックル物語(3) 星からおちた小さな人

コロボックル物語(3) 星からおちた小さな人

  • 児童書
著者: 佐藤 さとる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1985年11月
ISBN: 9784061190771

A5判 219ページ

出版社からの紹介

「矢じるしの先っぽの国、コロボックル小国」は、人間の世界からいろいろなことを学んで、めざましくかわりはじめていた。
学校をつくり、新聞を発行し、科学も学んだ。ただ、なるべく人間とかかわらないよう、ひっそりとくらしていた。だが、新型飛行機の試験飛行の日、コロボックルの1人がついに人間にみつかってしまう。コロボックルのことなど、何も知らない少年に……。

ベストレビュー

親子で楽しんでいます

私が子供の頃に大好きだったお話を息子にもぜひ読んでみて欲しいと思い、手に取りました。

コロボックルシリーズも三冊目、味方になってくれる人間を探していた頃からは少し時間が経ち、マメイヌ隊がきちんと編成され、新聞も発行されるようになり、今度は空への挑戦が始まっていた!
人間社会と似ているようで違う、コロボックル社会独自の進展に、驚きです。

そして訪れる味方でない人間との遭遇・・・
拾ったのが子供で良かったのかもしれませんね。

でも私も遭遇してみたい!
今でもそう思ってしまいながら、読んでいました(笑)。

おチャメさんは少し風変わりな感じもしますが、きっとママ先生の子供の頃にそっくりなのだろうなぁとか思いました。

とにかく懐かしい!
でも今でもわくわく楽しめる、素敵なお話です。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / 新イラスト版 コロボックル物語 だれも知らない小さな国 / えんぴつ太郎のぼうけん


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > コロボックル物語(3) 星からおちた小さな人

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

コロボックル物語(3) 星からおちた小さな人

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット