新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
おばけのコッチあかちゃんのまき

おばけのコッチあかちゃんのまき

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1982年11月
ISBN: 9784591010952

小学校低学年〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あかちゃんが大すきなおばけのコッチ。でも、おふろのなかでワァワァあばれるあかちゃんに手をやいて、思わずなきだしてしまいました。

ベストレビュー

子どもが子どもをあやす過酷さ

小さなおばシリーズけ、コッチの2話目。
床屋さんに住むコッチは、おしゃれが大好き。床屋のご主人のお手伝いもします。でもあかちゃんのお客さんへの「お手伝い」は大変。暴れないようにいろいろ工夫しなければなりません。
ある日、超☆問題児の赤ちゃんを連れたお母さんに気に入られてしまったコッチは、急遽発生した泊まり込みの子守&留守番を頼まれます。おばけはしらんぷりできない、というけど、赤ちゃんは容赦なく自己中心。コッチに容赦なくワガママを言います。お風呂場でいよいよのぼせて絶体絶命のコッチは…

子どもを持たない人にとっては、過酷な子育てが想像できる一冊です。母親が一人でがんばってノイローゼになったという話もうなづけます。いくら赤ちゃんはかわいいといっても、この容赦ない悪魔の責め苦には、拒否権のないコッチ(臨時の家政婦さんみたいな立場)はお手上げでしょう。コッチの爆発も無理ないこと。
実にご愁傷様です。

昭和初期や大正生まれの人に聞くと、昔は小さい兄弟を子どもが面倒見るのが当たり前だったという。自分も遊びたいのに、更に小さな子どものご機嫌取りをしなければならなくて、地獄の苦しみだったという。あの豊臣秀吉も、子守が一番つらかったと言ったとか言わなかったとか…

絵はかわいいけど、残酷な現実に直面したみたいな、恐ろしさが残った作品でした。でも、子育て経験のある人が見たら、「あるある」と楽しいのかもしれない!?
電車などで見かける子連れに、優しくしようと思いました。(反省)
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

角野栄子のリンゴちゃんシリーズ(既刊4巻) / 角野栄子のアコちゃん絵本 ぽかぽかぐ〜ん / リンゴちゃんのいえで  / だっこさんかいサンタクロース 角野栄子のアコちゃん絵本 / 赤ずきん RED RIDING HOOD / おばけのアッチとコロッケとうさん

佐々木 洋子さんのその他の作品

おばけのアッチ おもっちでおめでとう / アッチとドッチのフルーツポンチ / おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン! / おばけのソッチ ぞびぞびオーディション / おばけのアッチとくものパンやさん / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おばけのコッチあかちゃんのまき

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

おばけのコッチあかちゃんのまき

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット