まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
改訂新版 グリーン・ノウ物語 (1) グリーン・ノウの子どもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

改訂新版 グリーン・ノウ物語 (1) グリーン・ノウの子どもたち

  • 児童書
作: ルーシ・M.ボストン
絵: ピーター・ボストン
訳: 亀井俊介
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784566012615

四六判・272ページ

10〜11歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ひいおばあさんの家で、冬休みをすごすことになったトーリー少年。その」古い屋敷グリーン・ノウで、トーリーは、三百年も前に生きていた子どもたちと友だちになってゆくが…。時こえて読みつがれる、美しい物語。

ベストレビュー

美しい絵のようなお話でした

7歳の男の子が、ひいおばあさんの古いお屋敷ですごすお話です。

「おばけ」とも言える3人の子どもたちが現れますが、まったく怖くありません。むしろ次はいつ姿を見せてくれるのかと、主人公のトーリーと一緒に心待ちにしながら読みました。
大きな起承転結・山場などはなく、鳥にエサをやったり、おもちゃ箱を開けてみたり、「おばけ」と遊んだり、おばあさんから昔話を聞いたりと、穏やかな日々が綴られていきます。
すべてのページ(もしかしたらすべての文章)の描写とてもきれいで、切ないくらいです。絵のように情景が思い浮かび、美しい絵の連続映画のようで、一瞬たりとも退屈しませんでした。
好みがあるので多分長男(ドキドキや大笑いが好き)には向かないかもしれませんが、長女が4,5年生になったら読んでみようと思います。
(やじみさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルーシ・M.ボストンさんのその他の作品

改訂新版 グリーン・ノウ物語 (2) グリーン・ノウの煙突 / 改訂新版グリーン・ノウ物語(全6巻) / グリーン・ノウの子どもたち てのり文庫 / グリーン・ノウ物語 別巻 グリーン・ノウの石 / グリーン・ノウ物語 (2) グリーン・ノウの煙突 / グリーン・ノウ物語 (1) グリーン・ノウの子どもたち

ピーター・ボストンさんのその他の作品

改訂新版 グリーン・ノウ物語 (6) グリーン・ノウの石  / 改訂新版 グリーン・ノウ物語 (5) グリーン・ノウの魔女 / 改定新版 グリーン・ノウ物語 (4) グリーン・ノウのお客さま / 改定新版 グリーン・ノウ物語 (3) グリーン・ノウの川 / グリーン・ノウ物語 (3)グリーン・ノウの川 / グリーン・ノウ物語 (4)グリーン・ノウのお客さま

亀井俊介さんのその他の作品

グリーン・ノウ物語 (5) グリーン・ノウの魔女



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

改訂新版 グリーン・ノウ物語 (1) グリーン・ノウの子どもたち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット