話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

ジャングル・ブック

ジャングル・ブック

  • 児童書
作: ジョーゼフ・ラディヤード・キップリング
絵: 石川 勇
訳: 木島 始
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1979年07月
ISBN: 9784834007503

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 492
サイズ: 21X17cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

夜の闇がジャングルをおおうころ、黒豹バギーラの眼が輝く――厳しいジャングルの掟にきたえられ、逞しく成長していく狼少年モーグリの知恵と勇気と誇りにみちた物語。

ベストレビュー

野生少年の成長

赤ん坊のモーグリがジャングルで動物たちに育てられ、虎とのいさかいで家族(動物)を捨てることになる、、、。そして、人間の中にまた戻って生活をしていくがいろいろな習慣の違いがあり、、、。

ディズニーが分かりやすく、少し変えてアニメ映画にしましたが、原作は切ない部分があったり、人間の悪いところも見えたり、人間だけでなく動物にだって裏切りもあるし、、、いろいろ考えさせられる本でした。

小学生に読ませるなら中学年以上が良いでしょう。大人が読んでも面白いです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョーゼフ・ラディヤード・キップリングさんのその他の作品

ジャングルブック / ラクダのこぶはなぜできた? / ジャングル・ブック / ジャングルブック(洋書版)

石川 勇さんのその他の作品

なぞなぞの本

木島 始さんのその他の作品

おやゆびちーちゃん / うらしまたろう /  / 福音館文庫 ライグマ博士と仲間たち【全3話】 / ゆきむすめ / うりこひめとあまんじゃく


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 総記 > ジャングル・ブック

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ジャングル・ブック

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット