これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
リスとお月さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リスとお月さま

  • 絵本
作・絵: ゼバスティアン・メッシェンモーザー
訳: 松永美穂
出版社: コンセル

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リスとお月さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784907738464

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

リスはびっくりして、目をさましました。
お月さまがリスのいえに、おっこちてきたからです。
だれかがお月さまをとろうとして、おとしちゃったのかな?

おかしさをタップリつめこんだストーリーで、絵本の楽しさを満喫していただけます。
卓越したデッサン力で描いた線画に彩色したシンプルな絵本、ページをめくる楽しさに子どもたちはドッキドキ。

国際図書展で大賞にノミネートされ、
子どもも大人も楽しめると高く評価されている傑作絵本です。

ベストレビュー

可愛い過ぎるキャラクター!

リスはびっくりして目をさましました。
お月さまがリスのいえにおっこちてきたからです…

とにかく面白い&可愛い!
思い込みが激しく想像力豊かでおばかさんなリス。
ボーっとしていて人のよいハリネズミ。
マイペースだがあわてんぼのヤギ。
登場するキャラクターはみな人間味(?)があって魅力的。

間に挟まれるリスの想像シーンがまた妙にリアルで笑いを誘う。
低年齢の子にはわかりにくい構成かもしれないので、小学校中学年くらいから。

鉛筆画の細い画面の中、のっぺりした黄色の「お月さま」が良く映えて印象深い。
とぼけた内容に合った名訳。

見返しから裏見返しまで話がつながっているので、見逃しのないように。
(ちひろ。さん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ゼバスティアン・メッシェンモーザーさんのその他の作品

リスと青い星からのおきゃくさん / リスとはるの森 / 空の飛びかた / リスとはじめての雪

松永 美穂さんのその他の作品

たいこたたきの少年 / キツネとねがいごと / 10歳までに読みたい世界名作(9) アルプスの少女ハイジ 思いやりの心が起こした奇跡 / ヨハンナの電車のたび / 母さんがこわれた夏 / マルカの長い旅



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

リスとお月さま

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット