ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
ふたりはいっしょ

ふたりはいっしょ

  • 絵本
  • 児童書
作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,045

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1972年11月
ISBN: 9784579402489

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


訳者・三木卓さんにインタビューしました!

みどころ

仲良しのかえる、がまくんとかえるくん。ふたりの間で繰り広げられるのは、濃くて、可笑しくて、ちょっぴり切ない……様々な愛すべきエピソード。アーノルド・ローベルの「がまくんとかえるくん」シリーズは幼年童話の傑作として、子どもから大人まで、たくさんの人たちに40年以上も愛され続けています。

そのシリーズ第2作目が『ふたりはいっしょ』、5つのお話が収録されています。

「ぼくにはすることがいっぱい」。がまくんは一日の予定を書き出し、一つずつこなしていきます。ところが、その予定表の紙が風に吹き飛ばされてしまい…!? 最初のお話「よていひょう」で、途方に暮れるがまくんに寄り添うのは、もちろんかえるくん。

そんなかえるくんの素晴らしいお庭を見て、がまくんも自分の庭づくりに挑戦するお話が「はやく めを だせ」。続くお話「クッキー」では、がまくんのつくったクッキーが美味しくて、食べるのをやめられない二人の奮闘が可笑しくてたまりません。

「ぼくたち ゆうきが あるかしら?」本の中に登場する主人公のように、自分たちにも勇気があるのかどうか、山に登って確かめに行くお話「こわく ないやい」。そして、立派な服を着て、ピアノの演奏や綱渡り、ダンスを披露するがまくんと、それを見ながら、なぜか体がどんどん小さくなっていく「がまくんの ゆめ」が最後のお話。

色んな事を考え、色々な事が起こる日々だけれど、その長い素晴らしい一日を、がまくんとかえるくんは一緒に過ごすのです。読めば読むほど、ふたりの日常が愛おしくなってきますよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

がまくんとかえるくんの物語「よていひょう」「はやくめをだせ」「クッキー」「こわくないやい」「がまくんのゆめ」の5編を収録。ニューベリー賞受賞作。

ベストレビュー

仲良しの二人から学ぶこと

五つの日常的な物語で語られていることから、なるほどと思いながら、いろいろと感じ入ることがあります。このシリーズ、ハデさはありませんが、二人のやり取りから学ぶのことも多いと思います。
「予定表ってなんだろう」、「自分の努力は忘れた頃に報われる」、「自分の我慢のために思いつくこと」、「痩せ我慢は命がけ」、「かえるくんの存在感」と、様々な切り口で教えがあります。
奥行きのある童話集です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーノルド・ローベルさんのその他の作品

ふたりはずっと かしこいちえの ことばしゅう / かえるの哲学 / これが ぼくらに ぴったり! / マスターさんとどうぶつえん / たんけんクラブ シークレット・スリー / まるごとごくり!

三木 卓さんのその他の作品

ジュース / みんななかよしけんかばし / 鹿姫ものがたり / 「えいっ」 / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / ぽたぽた


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ふたりはいっしょ

5月の新刊&オススメ絵本情報

ふたりはいっしょ

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット