貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
にゃーご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にゃーご

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 1997年02月
ISBN: 9784790260776

4〜5歳児
25.7×21.0cm(表紙26.3×21.3cm)28ページ 上製

関連書籍
大きな絵本 にゃーご
ちゅーちゅー
大きな絵本 ちゅーちゅー

4〜5歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

先生の注意もろくに聞かず、遊びに出かけた子ねずみ3匹。そこへ恐ろしいねこが「にゃーご」とやってきたけれど…。

にゃーご

ベストレビュー

娘のうれしそうな顔

娘と一緒に絵本を読んでいて何が楽しいかと
いったら、読んだ瞬間、娘の顔がぱあっと輝いたり
にこーっとしたりすることです。
そんな娘の顔を見ることができるような絵本に
たくさんたくさん出会いたいなあって思います。
この絵本も。
ねずみちゃんたちが「にゃーご」とさけんだ瞬間
娘もにまあっ(喜)。
うれしかったなあ。

人と人とのおつきあいも、こんな風にねことねずみ
みたいなものかもしれませんね。
親しい気持ちで接すれば相手の方でも優しくなったりして。
ちょっとこの人苦手かも、なんて思わず、にゃーごな
気分でいきたいです。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

宮西 達也さんのその他の作品

ヒヒヒヒヒ うまそう / またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ / はじめてのおとうさんはウルトラマン / カエルくんのたんこぶ



『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット