新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おとなになる日

おとなになる日

作: シャーロット・ゾロトウ
絵: ルース・ロビンス
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,408 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784924684874

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもは、ある日、コトンと音をたてて、大人になります。かと思うと、目に見えないような、小さな出来事ですが、レンガを積んでいくように、一日一ミリ、成長します。

 シャーロットの鋭い目は、その微細な成長を見逃しません。ていねいに絵本に描いていくのです。

 この絵本でシャーロットは、ティモシーという男の子が、兄さんの足手まといから抜けだして、ちょっぴり大人になるその瞬間を、みごとに絵本にしました。

 ―いつもまとわりついてくるティモシーが見えないので、兄さんが家中をさがすと、なんとティモシーは新しくできた友だちと遊んでいて、兄さんを見ても、素気ないのです。そして、その友だちを、礼儀正しく兄さんに紹介します。

 「この子、ぼくのともだちなんだ。
 ジェイクっていうんだよ」

 あなたのお子さんも、きっとこういう日を迎えるはずです。

ベストレビュー

☆大人の世界が広がった時☆

”葉っぱのフレディ”を訳されたみらいななさんはゾロトウさんの絵本をたくさん訳していらっしゃいます。
この絵本はお兄ちゃんのジョンといつも一緒にいたくて、何でもジョンの真似をするティモシーと、その弟を
ちょっとうっとうしくて逃げ出したい気持ちのジョンの気持ちがよく表れています。それがそんなティモシーにもついに大人になる時が。。。
ティモシーにお友だちが出来たんです。ジョンのところにももうきません。ちょっぴりさびしい気持ちのジョン。
その気持ちもよく分かりますね。こんな兄弟の気持ちの描写が巧みに描かれています。
意外と子供たちこんな絵本も好きですよ。きっと気持ちが分かるのでしょうね。
(くまFAMILYのえほんのひろばさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

ねえさんといもうと / かあさん、だいすき / そらはあおくて / おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / いっぽ、にほ・・・

ルース・ロビンスさんのその他の作品

しあわせなモミの木

みらい ななさんのその他の作品

おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / おとうさん / くものがっこう / なかなおり



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

おとなになる日

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット