宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
かえでがおか農場のいちねん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえでがおか農場のいちねん

作: アリス・プロベンセン マーティン・プロベンセン
絵: アリス・プロベンセン マーティン・プロベンセン
訳: 岸田 衿子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かえでがおか農場のいちねん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年6月
ISBN: 9784593501335

出版社からの紹介

アメリカの農場で動物たちに囲まれてくらす、
プロベンセン夫婦の12ヶ月がうつりかわりを描きます。

動物たちや自然へのあたたかいまなざしが感じられる
一冊です。

ベストレビュー

本当に丁寧な1年間を描いてます。

1つの農場の1年間を暦や季節を追って、本当に丁寧に描いてくれている作品です。
ただ、この絵本をどの年齢層の子どもたちに薦めようか、考えてしまいます。
よくもわるくもたくさんのことが描かれているので、1ページが大きくたくさんの内容が描かれていて、ページ数もあり、重たいです。
1冊で見るところはたっぷりあります。
なので、図鑑のように自分たちの見たいところ・知りたいところを絞ってじっくり見る。という見方が一番よさそうな気がします。
特に「農場」でも1年を垣間見るわけですから、動物や草花などに興味のあるお子さんほど、楽しく読めるかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

アリス・プロベンセンさんのその他の作品

栄光への大飛行 / わたしのかわいいめんどり / ふわふわあひるのこ / いろいろこねこ / かえでがおか農場のなかまたち / 動物げきじょう−21幕

マーティン・プロベンセンさんのその他の作品

みみずくと3びきのこねこ

岸田 衿子さんのその他の作品

メアリ・ポピンズ / 赤毛のアン / ねこどけい / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

かえでがおか農場のいちねん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット