もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン

  • 絵本
文: 小手鞠 るい
出版社: 博雅堂出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,912 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1992年10月
ISBN: 9784938595043

B4変型判 64ページ
作品点数 64点

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


書店員さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

ぼくはなにかに役立つ人間のはずだ。ぼくにはなにか目的があるはずだ。
でも、それはいったいなになのだろう。(ゴッホ)

●ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ  ”画家になろう!” 
1853年ヴィンセント・ヴァン・ゴッホはオランダの小さな村 
フロート・ズンデルトに牧師のこどもとして生まれました。
ゴッホにはふたりの弟と3人の妹がいましたが、すぐしたの弟テオとは大のなかよしでした。
ゴッホがはじめて絵をかいたのは 8さいのとき。
庭にあったリンゴの木にのぼろうとしている猫の絵をかいておかあさんにみせたのです。
9さいのときにはえんぴつで橋や犬をかいています。

●ポール・ゴーギャン ”タヒチへ!”
それは今からおよそ100年ほどまえ、1891年4月のあるはれた日のことでした。
フランスの南海岸にある マルセイユという港町から1せきの船が出発しています。
めざすは太平洋のまんなかにうかぶ小さな島タヒチ島。

おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン

ベストレビュー

画家の意外な一面

ゴッホが自ら左耳を切ってしまった、心の病にかかっていた・・・
というようなエピソードは何となく聞いたことがありましたが、
この本をしっかり読んでみて、衝撃を受けました。

心の病を患った画家の絵・・・と聞くと
どうしても不気味な作品を想像してしまうのですが、
掲載されているボッホの絵は
どれもカラリと明るく、力強い印象だったからです。

また、ゴーギャンの章では
妻に画家の道を歩むことを反対され、心が通うことはなかったと知り、驚きました。
画家の妻は皆、夫を献身的に支える印象があったのですが
自分の夢ばかりを追いかけるゴーギャンのことが、奥さんは許せなかったのでしょうか。

たったひとりで南の島で息を引き取ったという最後には
寂しさを感じる反面
「もしかすると、大好きな地で絵を描きながら過ごすことが出来て
彼は幸せだったのかもしれないな」とも思いました。


この「おはなし名画」シリーズを読んで感じたことは、
後に有名になる画家たちは皆
「なりたいな、なれたらいいな」ではなく、
「絶対になる」という強い信念を持っていたんだという事です。
展覧会に落選したり品評会で酷評を受けたりしても屈することなく
世間に媚びず、自分のスタイルを貫き通す。

絵そのものだけではなく、その作品の作者自身も皆魅力的だと思いました。
かっこいいなと思いました。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小手鞠 るいさんのその他の作品

ねこの町の本屋さん ゆうやけ図書館のなぞ / ある晴れた夏の朝 / うさぎのマリーのフルーツパーラー / まほうの絵本屋さん / ねこの町のダリオ写真館 / ななめねこ まちをゆく



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット