話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
いぬとくま いつもふたりは

いぬとくま いつもふたりは

  • 絵本
作: ローラ・ヴァッカロ・シーガー
訳: 落合恵子
出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いぬとくま いつもふたりは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年09月10日
ISBN: 9784861011153

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

絵本の中には「ともだち名コンビ」がたくさんいます。
中でも人気コンビというのは、仲の良さだけではなく、
そのキャラクターの組み合わせによって醸し出される雰囲気・・・と言うのが
愛されるポイントになるのではないでしょうか。
そして、ここにもまた新たな名(迷?)コンビが誕生したようですよ。

とっても行動派、でもおとぼけ具合がご愛嬌の「いぬ」と
のんびりおおらか、でもちょっと気の利いている「くま」。
「くま」だけぬいぐるみ・・・という事は彼らには関係ないようです。
いつもふたりでいたくて、でも時々ひとりになりたくて、でもやっぱり
ふたりでいる方が楽しくて・・・!
見ているほうがぐるぐるしてくる、二人のこんな気持ちが
愛らしいショートストーリとなって三話収録。
短いけれど、どれも必ず笑ってしまうオチがついて。
更にふたりのつぶらな瞳で表現される表情がクセになってきます・・・。
続編「いぬとくま ずっとふたりは」を読む頃には、
すっかり二人の世界に愛着が湧いてきてしまって。
合わせて読む事がオススメです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

なかよしの「いぬ」と「くま」。「ねえ、あそぼ!」と、いぬが誘いますが、くまは
読書中。それでもめげないいぬに、くまも降参。「わかったよ、なにしてあそぶ?」するといぬは、「本読んで!」でズコッ! ほかショートコメディ全3話。

★2007年ボストン・グローブ・ホーンブック賞受賞

ベストレビュー

仲良し

いぬとくまは、仲良しです。3編が収録されてます。

       @いすのうえのくま
       Aねえねえ、あそぼ!いっしょにあそぼ!
       Bいぬ なまえをかえる!

いぬは、くまを凄く頼りにして甘えん坊!  くまは怖がりだから、やっぱりいぬを頼りにしている。いぬはくまに、遠慮なしに、「あそぼ あそぼ」ってうるさいくらいに・・・・・”いぬは、ただ友達と一緒にいたいだけなんだと」と、わかったくまでした。ときどき くまは、
ひとりっきりになりたいきもちが、わかるような気がしました。
いぬは、なまえを変えたいと思いましたが結局「いぬ」のままでした!二人は遠慮しないでいられるなかよしの友だちでした。
(押し寿司さん 70代以上・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローラ・ヴァッカロ・シーガーさんのその他の作品

はじめはタマゴ / いじめっこ / いぬとくまやっぱりふたりは / いぬとくま ずっとふたりは

落合 恵子さんのその他の作品

悲しみのゴリラ / あの湖のあの家におきたこと / 明るい覚悟 こんな時代に / おやすみ、ぼく【新版】 / とんでいった ふうせんは / その手がおぼえてる


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 絵画・彫刻 > いぬとくま いつもふたりは

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

いぬとくま いつもふたりは

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット