新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ふねにのったねこのヘンリー

ふねにのったねこのヘンリー

作: メリー・カルホーン
絵: エリック・イングラハム
訳: 猪熊 葉子
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,500 +税

「ふねにのったねこのヘンリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年02月

出版社からの紹介

「ねこってものは、水がきらいだからな」 おとうさんはいいました。でも、ヘンリーはへっちゃら。とうとうヨットにとびのってしまいました…。なんでもかんでもやってみなくちゃ気がすまない、ねこのヘンリーのお話。

ベストレビュー

ヘンリー大活躍

このシリーズ、どれを読んでもショートフィルムを見ているような感じがあります。

ヘンリーの表情や動きがとても豊かで、場面にも臨場感があるからです。

好奇心旺盛なねこのヘンリーが毎回大活躍。

読むごとにとても魅力的なねこだなあって思います。

読み聞かせするとどのお話も10〜11分ぐらいで長いだけに読み応えもあり、お話を読んだという満足感があるように思います。

このお話もヘンリーは大活躍。四話すべて読み終わったので、何だかさびしい気がします。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

出版社おすすめ


メリー・カルホーンさんのその他の作品

とびねこヘンリー / クリスマスのねこヘンリー / スキーをはいたねこのヘンリー / るすばんねこのぼうけん

猪熊 葉子さんのその他の作品

岩波少年文庫 まぼろしの小さい犬 / 岩波少年文庫 しずくの首飾り / アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ / 岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女 / 岩波少年文庫 王のしるし (下)


絵本ナビホーム > > ふねにのったねこのヘンリー

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ふねにのったねこのヘンリー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット