話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

韓国のごはん

韓国のごはん

作: 銀城康子
絵: 泉なほ
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784540062919

ベストレビュー

手間暇かける大事なごはん

祖父母、父母、子ども3人と猫がいる韓国の家庭をモデルに、日常のごはんや年間の食に関係する行事などを紹介する絵本。男女や一家の力関係がはっきりしていて、それぞれの役割を果たして礼儀正しく食べている様子が印象的。

朝食が非常に豪華で、用意するのに2時間近くかかるとか。おばあさんの時代はもっとかかったという。品数を多く出し、おいしくて健康に良い食事を心がけて作っている。乾物や漬物、常備菜などを多く用意しているので、いつでも数品のおかずがある。ご飯や汁物、メインのおかずを用意すれば、食卓はたくさんのお皿であふれんばかり。
手間暇かけてよいものを作ること、愛情をかけることを惜しまない。働き者の女性の活躍でみんなの健康と幸せが保たれている。

私には到底暮らしていけない、厳しい環境だ。儒教や昔の風習に従う行事なども大変丁寧に手が込んだ料理が並んでいる。昔の人はあれを全部自分たちで作ったり用意したりしたのだから、えらい。

極めていい加減な性格の私は、どの食事も簡単に済ましている。いい加減でも怒られない環境に今いることを感謝した。
韓国料理は大好きだけど、その食文化を維持するのは大変な努力が必要だとよくわかった。これからはキムチを見るたびに思い出し、感謝していただきます。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

銀城康子さんのその他の作品

エチオピアのごはん / 絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん / ポリネシアのごはん / 日本のごはん / 絵本 世界に食事(21) ブルガリアのごはん / ポルトガルのごはん

泉なほさんのその他の作品

タイのごはん / やさいのおしゃべり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > 韓国のごはん

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

韓国のごはん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット